スロートレーニングで筋肉を鍛えて成長ホルモンを分泌

MENU

スロートレーニングで筋肉を鍛えて成長ホルモンを分泌

スロートレーニングは手軽に行え、筋肥大効果も大きい

スロートレーニング成長ホルモン分泌させる筋トレの代表的なものでとランニングやジムで行うハードな筋トレと違い、わずかな空時間に手軽で効率よく筋トレできるのが特徴です。

過去記事の「成長ホルモンの減少を防ぐには」も合わせてご覧ください。

スロートレーニングの方法

スロートレーニングとは、ゆっくりとした動作で行う筋肉トレーニングで、筋肉を肥大させて筋力を増強させる為に行う負荷運動のひとつです。スロートレーニングの重要なポイントは、ゆっくりと動くことによって、運動中に筋肉の発揮張力を維持することにあります。ひとつの例としては、あなたもご存知の「空気椅子」です。「エァーイス」ですね。この空気椅子に座った状態を維持しながらゆっくりとした動きを繰り返すイメージです。

スロートレーニングではいろいろな動作方法が提唱されていますが、「3~5秒程度かけてあげて、3~5秒かけて下げる」という動作が一般的です。さらに肘や膝を伸ばしきって筋肉を休ませないノンロックという動作と組み合わせることで、より厳密に筋発揮張力を維持することができます。

具体的にスクワットを例に挙げれば3~5秒かけて立ち上がり、膝を伸ばし切らないうち(完全に立ち上がらない)に再び3~5秒かけてしゃがみ込む(完全にはしゃがみ込まない)、腕立て伏せなら腕を伸ばしきらずに再び腕を曲げるという動作の繰り返しです。

ちなみに、太極拳などもスロートレーニングの一種と言えます。

スポンサーリンク

スロートレーニングのメリット

負荷運動で通常大きな筋力増強効果を得るためには、1回あげることができる最大重量の65%程度以上の負荷が必要とされています。この最大重量の65%を何度も上げ下げするのです。ですから自分の体重を使って行うスクワットや腕立て伏せのような運動では大きな効果を得るのが難しいとされてきました。

しかしスロートレーニングでは、動作をゆっくりと行うことで、軽い負荷でも効果的に筋力を増強させることが可能となります。50%の負荷で行ったスロートレーニングでは80%の負荷を用いて通常の速度で行ったトレーニングと同等の筋肥大・筋力増強効果があったという報告もあるのです。

ですから

  • 自分の体重を用いた手軽なトレーニングでありながら大きな筋肥大効果が期待できる
  • 腱や関節への負担が小さく傷害のリスクが小さい

などが挙げられ
怪我をする可能性の高い中高齢者向けの効果的な負荷運動として期待されています。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「睡眠のトラブルやお悩みの解消法」の一覧

はなまる

スロートレーニングで筋肉を鍛えて成長ホルモンを分泌

スロートレーニングは成長ホルモンを分泌させる筋トレの代表的なものでとランニングやジムで行うハードな筋トレと違い、わずかな空時間に手軽で効率よく筋トレできるのが特徴です。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2019 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ