オルニチンサプリメントの摂取は寝つきを良くする

MENU

オルニチンサプリメントの摂取は寝つきを良くする

オルニチンサプリメントの摂取で寝つきが良くなる

あなたは寒い持期に、手足が冷えてなかなか寝つかれないなんてことがありませんか?オルニチンサプリメントを飲むと暖かいお布団に入った時の手足の冷えが改善されて寝つきが良くなることが判明しました。

では、その実験結果を見てみましょう。

オルニチンで手足の冷えも緩和され寝つき良くなる

実験は45~64歳の健康な男女14名を2つのグループに分けて行いました。それぞれのグループにオルニチンの入っている錠剤(800ミリグラム/一日)とプラセボ(オルニチンを含まない錠剤)を三週間飲んでもらいました。そして、それぞれのグループのオルニチンを摂取する前と摂取して三週間後の自覚症状を比較した結果が下記の表です。

オルニチン摂取の人が改善されています

オルニチンとプラセボの改善比較グラフ

*プラセボを摂取していただくことで心理的効果が働きます。それにより純粋なオルニチンの効果が判明します。

実験の結果は、グラフを見ていただくとわかるように「暖かい場所での手足に冷え」「就寝時の寝つき」共に改善され、朝の目覚めの気分も良いようですね。

オルニチンを摂取していると、ストレスの指標となる血液中のコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンが減少することがわかっています。これは、久留米大学の津田教授の研究グループによって、判明しています。

ストレスが緩和されることによって、血流が改善したり、神経を穏やかにして就寝時の寝つきが良くなるようです。

by Dr.サプリメント タカ

同じカテゴリー「オルニチンのパワーと効果」の一覧

はなまる

オルニチンの肝細胞保護効果が細胞レベルでも確認

オルニチンはオルニチンサイクルを活性化して、アンモニアの解毒を促進することで、肝臓全体の負担を軽くして肝臓を保護すると言われてきましたし、タカの本ブログでも度々、その旨をお伝えしてきました。このたび、マウスの受精卵から作った万能細胞(ES細胞)を使って複雑な肝臓の組織を作り、研究室のシャーレの中でもオルニチンがアンモニアや過剰なアルコールによる肝細胞死を抑制することが分かりました。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したアルギニンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンからシトルリン、シトルリンからアルギニンへと変化したアルギニンは筋肉増強、アンチエイジング、血流改善、疲労回復、免疫力向上などの働きがあります。また、アルギニンは精力剤に含まれる成分としても有名なのはあなたもご存知のとおりです。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したシトルリンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンが変化したシトルリンは心臓や血管の健康に欠かせない物質。これにより血管を若返らせ、全身の血流を改善、スタミナアップや疲労の軽減、筋肉の増強、パフォーマンスの向上が期待できます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが高血圧や動脈硬化を予防する!?

コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に充足することで高血圧や動脈硬化の予防策の一つになるかもしれません。日本高血圧学会では、収縮時の血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張時の血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。あなたは、大丈夫ですか? 血管を柔らかくすることで血圧が下がり、動脈硬化が改善されます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが骨を丈夫にする

丈夫な骨は、骨に無理な力がかかったときに、折れることなく、しなって柔軟性を発揮します。柔軟な骨の組成に重要なのが、アミノ酸がつくる線維状タンパク質です。なかでも線維状タンパク質の構造体である、コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に十分満たしておくことは丈夫な骨作りの大切な要素の一つかもしれません。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ