オルニチンとカルニチンの脂肪燃焼機能の違いについて

MENU

オルニチンとカルニチンの脂肪燃焼機能の違いについて

オルニチンとカルニチンのダイエット効果の違い

オルニチンによって成長ホルモンの分泌が促進され、全身の筋肉量が多くなり、基礎代謝が上昇してエネルギーの消費量を増やし、脂肪を減らす、つまり燃えやすい身体になる機能でダイエットに効果があるアミノ酸です。

一方、カルニチンは体内を巡る遊離脂肪酸を細胞内のミトコンドリアに運び込む機能があります。カルニチンによって運び込まれた遊離脂肪酸がミトコンドリアの中でエネルギーになります。これがカルニチンの脂肪燃焼機能です。

あなたもご推察のとおり、この二つの作用がうまく働くと相乗効果でダイエットの効率が高まりそうですね。

ダイエットのための脂肪燃焼のプロセスを学ぼう

では、オルニチンやカルニチンの働きを理解するために脂肪を燃やしてエネルギーに変えるときの流れを一緒に学びましょう。身体に溜まった脂肪を燃やすためには、最初に中性脂肪を細かく分解して「遊離脂肪酸」という物質にします。(某茶のTVコマーシャルなどでやっている「脂肪を燃えやすくする、バラ、バラ、バラ・・・」というやつです。)

スポンサーリンク


オルニチンには、肝臓の中性脂肪量を減少させ、血液中の遊離脂肪酸量を上昇させた・・・という研究結果が出ています。
細かく分解された遊離脂肪酸はエネルギー源として血流に乗って体内のあらゆる細胞に運ばれます。カルニチンは血液中の遊離脂肪酸を細胞のミトコンドリアに運び、脂肪をエネルギーに変換するのです。

上記のように、カルニチンが無ければ、遊離脂肪酸はミトコンドリアに入る事ができず、エネルギーを作り出すことができなくなります。逆にカルニチンが体内に十分にあれば、遊離脂肪酸がミトコンドリアに取り込まれやすくなり、効率よく脂肪燃焼ができると考えられます。

サプリメントでカルニチンを摂れば、脂肪は燃えるのか?

では、サプリメントでカルニチンを摂ったら、必ず脂肪は燃えるのかと言うと・・・そうとばかりは言い切れない部分があります。
先ほども述べたように身体に沈着した中性脂肪を燃えやすい遊離脂肪酸に変えなければなりません。そのためには、細胞に脂肪(エネルギー)を欲しがらせる必要があります。つまり、「現在の血液中の糖や遊離脂肪酸の総カロリー<消費カロリー」という身体の構図にしなければなりません。(要は運動をして消費カロリーを増やすか、カロリー制限をして血液中の総カロリーを減らす)のどちらかを行う必要があります。そうすれば、中性脂肪が遊離脂肪酸に分解されて、血液と一緒に全身に流れ出るようになります。

結果として、カルニチンのダイエット効果を引き出すためには運動、またはカロリー制限が必要ということで、これは従来のダイエット法と特段、変わりはないのです。

しかし年齢と共にオルニチンもカルニチンも体内での生産量が減少します。すると徐々に筋肉量が落ち、身体に脂肪が蓄積されて中年太りになりやすくなります。そこでオルニチンやカルニチンの補給が必要になるのです。

 

オルニチンとカルニチンの脂肪燃焼機能についてのまとめ

身体に沈着してしまった脂肪を燃やすにはカルニチンの助けを借りて、脂肪の燃焼効率を高め、オルニチンで脂肪が燃えやすく、燃え続ける身体をつくりましょう!

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「オルニチンのパワーと効果」の一覧

はなまる

オルニチンの肝細胞保護効果が細胞レベルでも確認

オルニチンはオルニチンサイクルを活性化して、アンモニアの解毒を促進することで、肝臓全体の負担を軽くして肝臓を保護すると言われてきましたし、タカの本ブログでも度々、その旨をお伝えしてきました。このたび、マウスの受精卵から作った万能細胞(ES細胞)を使って複雑な肝臓の組織を作り、研究室のシャーレの中でもオルニチンがアンモニアや過剰なアルコールによる肝細胞死を抑制することが分かりました。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したアルギニンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンからシトルリン、シトルリンからアルギニンへと変化したアルギニンは筋肉増強、アンチエイジング、血流改善、疲労回復、免疫力向上などの働きがあります。また、アルギニンは精力剤に含まれる成分としても有名なのはあなたもご存知のとおりです。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したシトルリンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンが変化したシトルリンは心臓や血管の健康に欠かせない物質。これにより血管を若返らせ、全身の血流を改善、スタミナアップや疲労の軽減、筋肉の増強、パフォーマンスの向上が期待できます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが高血圧や動脈硬化を予防する!?

コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に充足することで高血圧や動脈硬化の予防策の一つになるかもしれません。日本高血圧学会では、収縮時の血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張時の血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。あなたは、大丈夫ですか? 血管を柔らかくすることで血圧が下がり、動脈硬化が改善されます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが骨を丈夫にする

丈夫な骨は、骨に無理な力がかかったときに、折れることなく、しなって柔軟性を発揮します。柔軟な骨の組成に重要なのが、アミノ酸がつくる線維状タンパク質です。なかでも線維状タンパク質の構造体である、コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に十分満たしておくことは丈夫な骨作りの大切な要素の一つかもしれません。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ