オルニチンは脂肪肝に対して効果があるでしょうか?

MENU

オルニチンは脂肪肝に効果があるでしょうか?

 オルニチンサプリによる肝機能改善効果の検証で、脂肪肝の改善者が多いこと明らかとなりました。 何らかの原因で肝臓に脂質代謝の異常が起きると中性脂肪が溜まって肝機能が低下します。肝細胞の30%以上が脂肪に犯されてフォアグラ状態になった肝臓が”脂肪肝”です。脂肪肝になる原因は、肥満、飲酒の他、ダイエットや糖尿病、高脂血症などでの食事制限や薬の副作用などが考えられます。ただし、ヒトは脂肪肝になっても「沈黙の臓器」と言われる肝臓の自覚症状はあまり感じないのが一般的なようです。

たかが脂肪肝と軽く考えないで

脂肪肝は全身がだるい、疲れやすい、吐き気を催す、腹が張るなどの軽い症状を感じる人も有りますが、ほとんどは徐々に進行するため「いつものこと・・・」と考えて見過ごされてしまいます。以前は脂肪肝は、さほど悪い病気ではなく、割と簡単に良くなる病態とされ、あまり問題視されていませんでした。

 

脂肪肝は大別してアルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝の2種類

脂肪肝の種類は、お酒の飲み過ぎが原因のアルコール性脂肪肝 と、肥満や糖尿病、薬などが原因とされる非アルコール性脂肪肝 に大別されます。

 近年は、肝細胞の線維化が進んで肝硬変、肝癌、肝不全へ移行していく非アルコール性脂肪肝(NASH、ナッシュ)が問題視されています。 

もし、あなたやご家族の誰かが脂肪肝と診断されたら、軽く考えて放置せず、単純性脂肪肝かNASH(約10%)なのかの鑑別をする事が極めて重要です。早期のNASHは食事療法や運動療法などの肥満解消、生活習慣の是正で改善するそうです。

スポンサーリンク




脂肪肝の食事療法の一環にオルニチンの摂取を

オルニチンによる肝機能改善効果の検証が行われています。

被験者はALT(GPT)が要注意以上で、超音波検査において脂肪肝の所見が認められた男性11名です。
血清ALT(GPT)、γ-GTP、AST(GOT)において、試験開始前と試験開始後の変化量をそれぞれ算出したところ、オルニチン摂取群の方がプラセボ群(偽薬)に比べ、改善した者が多いことが明らかとなりました。
 結果として、肝機能が"要注意"以上の人において、オルニチン摂取が肝機能を改善する可能性が示されました。 このメカニズムは、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進する作用があり、成長ホルモンによって脂質の代謝が改善して肝臓に蓄積した脂肪が分解され、その結果、脂肪肝と肝機能が改善した可能性が考えられとのことです。実際オルニチンには、脂質代謝を改善する可能性が報告されています。

 

雄うさぎによるNASH、ナッシュの進行抑制効果の検証検証

さらに、うさぎによるNASHの進行抑制効果の検証検証もされています。まず、うさぎに高脂肪食を与えて脂肪肝を惹起させます。その後に高脂肪食だけを与えるグループと高脂肪食にオルニチンをプラスした餌を与えるブループに分けます。実験ではオルニチンを与えたグループには、脂肪肝の進行抑制と、脂質代謝促進効果が得られました。

オルニチンを摂取させたグループでは、オルニチンを摂取させないグループに比べて肝臓中の中性脂肪量が減少しました。また、遊離脂肪酸量の上昇がみられ、体内の脂質代謝系が亢進していることを示しています。
結果、オルニチン摂取により脂肪肝の進行が抑えられ、オルニチンはNASH等の脂肪肝を抑制する可能性 が示唆されました。
このNASHの進行制御機構の一部には、成長ホルモンよる脂質代謝亢進が関与 していると考えられます。・・・とのことです。

↓Dr.サプリメント タカが一押しする協和発酵オルニチンのレビューページ

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「オルニチンのパワーと効果」の一覧

はなまる

オルニチンの肝細胞保護効果が細胞レベルでも確認

オルニチンはオルニチンサイクルを活性化して、アンモニアの解毒を促進することで、肝臓全体の負担を軽くして肝臓を保護すると言われてきましたし、タカの本ブログでも度々、その旨をお伝えしてきました。このたび、マウスの受精卵から作った万能細胞(ES細胞)を使って複雑な肝臓の組織を作り、研究室のシャーレの中でもオルニチンがアンモニアや過剰なアルコールによる肝細胞死を抑制することが分かりました。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したアルギニンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンからシトルリン、シトルリンからアルギニンへと変化したアルギニンは筋肉増強、アンチエイジング、血流改善、疲労回復、免疫力向上などの働きがあります。また、アルギニンは精力剤に含まれる成分としても有名なのはあなたもご存知のとおりです。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したシトルリンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンが変化したシトルリンは心臓や血管の健康に欠かせない物質。これにより血管を若返らせ、全身の血流を改善、スタミナアップや疲労の軽減、筋肉の増強、パフォーマンスの向上が期待できます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが高血圧や動脈硬化を予防する!?

コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に充足することで高血圧や動脈硬化の予防策の一つになるかもしれません。日本高血圧学会では、収縮時の血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張時の血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。あなたは、大丈夫ですか? 血管を柔らかくすることで血圧が下がり、動脈硬化が改善されます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが骨を丈夫にする

丈夫な骨は、骨に無理な力がかかったときに、折れることなく、しなって柔軟性を発揮します。柔軟な骨の組成に重要なのが、アミノ酸がつくる線維状タンパク質です。なかでも線維状タンパク質の構造体である、コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に十分満たしておくことは丈夫な骨作りの大切な要素の一つかもしれません。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ