オルニチンサプリメントで肝臓を強化してめまいを改善

MENU

オルニチンサプリメントで肝臓を強化してめまいを改善

肝臓の疲れがめまいを引き起こす

めまいの原因は様々です。しかし、時々めまいが起きる、いつまでたってもめまいが改善されない。そんな方で、めまい以外にも肝臓に関連する症状で思い当たらるふしがある方は、肝臓を疑ってみるのもめまいの原因の早期発見方法の一つかもしれません。

肝臓の機能が落ちている人は、腸に宿便が溜まり、有毒ガスが発生し、めまいが起きる、口臭がきつい、肌がガサガサになる、記憶力が低下する、体温調節機能が狂う、胸焼けなどの症状が出てくる方もおられます。

 

めまいは肝に属す

昔から東洋医学では「めまいは肝に属す」(諸風掉眩、皆肝に属す)と言われ、めまいと最も関係が深いのは肝だと考えられています。中医学でいう肝は肝臓機能の働きだけではなく、自律神経の働きを調整して全身の血液循環をコントロールしています。(現代医学でも肝機能の低下が自律神経の働きを乱してしまう事が分かっています。)

自律神経は血流や筋肉の働きを司っていますので、更年期障害や肩こり等も肝が関わってきます。目の酷使や、神経の使いすぎ、ストレス、寝不足、過労等は肝を消耗させます。その結果 として自律神経の働きが乱れ、脳や内耳の血液循環が悪くなり、場合によっては、耳鳴りや難聴、めまいの症状を引き起こします。

何をやってもめまいが改善されない方は一度、オルニチンサプリメントを試してみられてはいかがでしょうか?

 

by Dr.サプリメント タカ

同じカテゴリー「オルニチンのパワーと効果」の一覧

はなまる

オルニチンの肝細胞保護効果が細胞レベルでも確認

オルニチンはオルニチンサイクルを活性化して、アンモニアの解毒を促進することで、肝臓全体の負担を軽くして肝臓を保護すると言われてきましたし、タカの本ブログでも度々、その旨をお伝えしてきました。このたび、マウスの受精卵から作った万能細胞(ES細胞)を使って複雑な肝臓の組織を作り、研究室のシャーレの中でもオルニチンがアンモニアや過剰なアルコールによる肝細胞死を抑制することが分かりました。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したアルギニンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンからシトルリン、シトルリンからアルギニンへと変化したアルギニンは筋肉増強、アンチエイジング、血流改善、疲労回復、免疫力向上などの働きがあります。また、アルギニンは精力剤に含まれる成分としても有名なのはあなたもご存知のとおりです。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したシトルリンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンが変化したシトルリンは心臓や血管の健康に欠かせない物質。これにより血管を若返らせ、全身の血流を改善、スタミナアップや疲労の軽減、筋肉の増強、パフォーマンスの向上が期待できます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが高血圧や動脈硬化を予防する!?

コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に充足することで高血圧や動脈硬化の予防策の一つになるかもしれません。日本高血圧学会では、収縮時の血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張時の血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。あなたは、大丈夫ですか? 血管を柔らかくすることで血圧が下がり、動脈硬化が改善されます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが骨を丈夫にする

丈夫な骨は、骨に無理な力がかかったときに、折れることなく、しなって柔軟性を発揮します。柔軟な骨の組成に重要なのが、アミノ酸がつくる線維状タンパク質です。なかでも線維状タンパク質の構造体である、コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に十分満たしておくことは丈夫な骨作りの大切な要素の一つかもしれません。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ