オルニチンとアルギニン、シトルリンの関係と働き

MENU

オルニチンとアルギニン、シトルリンの関係と働き

アルギニン、オルニチン、シトルリンの順に変化します

アルギニンは体内でアルギナーゼという酵素の働きで一部がオルニチンに変化します。さらにオルニチンはシトルリンに変化します。そして、オルニチンとシトルリンは肝臓の尿素回路で一部がアルギニンに変化します。

ちなみにシトルリンの成分はスイカから発見され、血管をしなやかにする一酸化窒素を産出します。

アルギニンは成人になると体内で作られるアミノ酸の一種でタンパク質を構成します。
子供さんは体内でアルギニンを作ることはできないために食事から摂る必要があります。
オルニチンとシトルリンは、タンパク質にはならずに、体液に乗って全身を巡る遊離アミノ酸です。


オルニチンに含まれる効果はアルギニンですべて補える?

基本的にはオルニチンの効果はアルギニンですべて補えると考えられます。成長ホルモンの分泌を促進して筋肉を増加させ、ダイエットに貢献し、美肌つくりやエイジングケアの他、肝臓の機能を高めたり、免疫力を高めたりする働きですね。

スポンサーリンク





ですが、アンモニアやアルコールの解毒はオルニチンの方が勝ります。目的が飲酒のケアであれば、オルニチンの方が効果があります。肝臓をサポートしたり、治す機能はオルニチンの方が強いためです。ですから、ドイツではオルニチンを肝機能障害の患者さんに医薬品として処方しているのですね。


オルニチンとアルギニン、シトルリンの関係と働きのまとめ

基本的にアルギニンはオルニチンと同じ働きもしますが、肝機能を助ける能力とアルコールやアンモニアを無毒化する能力はオルニチンが勝ります。やっぱり、お酒を飲む前と飲んだ後にはオルニチンを摂るのが一番ですかね!

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク




同じカテゴリー「オルニチンのパワーと効果」の一覧

はなまる

オルニチンの肝細胞保護効果が細胞レベルでも確認

オルニチンはオルニチンサイクルを活性化して、アンモニアの解毒を促進することで、肝臓全体の負担を軽くして肝臓を保護すると言われてきましたし、タカの本ブログでも度々、その旨をお伝えしてきました。このたび、マウスの受精卵から作った万能細胞(ES細胞)を使って複雑な肝臓の組織を作り、研究室のシャーレの中でもオルニチンがアンモニアや過剰なアルコールによる肝細胞死を抑制することが分かりました。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したアルギニンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンからシトルリン、シトルリンからアルギニンへと変化したアルギニンは筋肉増強、アンチエイジング、血流改善、疲労回復、免疫力向上などの働きがあります。また、アルギニンは精力剤に含まれる成分としても有名なのはあなたもご存知のとおりです。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したシトルリンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンが変化したシトルリンは心臓や血管の健康に欠かせない物質。これにより血管を若返らせ、全身の血流を改善、スタミナアップや疲労の軽減、筋肉の増強、パフォーマンスの向上が期待できます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが高血圧や動脈硬化を予防する!?

コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に充足することで高血圧や動脈硬化の予防策の一つになるかもしれません。日本高血圧学会では、収縮時の血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張時の血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。あなたは、大丈夫ですか? 血管を柔らかくすることで血圧が下がり、動脈硬化が改善されます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが骨を丈夫にする

丈夫な骨は、骨に無理な力がかかったときに、折れることなく、しなって柔軟性を発揮します。柔軟な骨の組成に重要なのが、アミノ酸がつくる線維状タンパク質です。なかでも線維状タンパク質の構造体である、コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に十分満たしておくことは丈夫な骨作りの大切な要素の一つかもしれません。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ