オルニチンから合成されるプロリンが関節の痛みを緩和する?!

MENU
オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう TOP  >  オルニチンのパワーと効果  >  オルニチンから合成されるプロリンが関節の痛みを緩和する?!

オルニチンから合成されるプロリンが関節の痛みを緩和する?!

オルニチンからつくられるプロリンが関節痛を和らげる

普段は特に関節など意識しない人でも何かの拍子で関節が痛むと健康であることのありがたさが身に沁みます。オルニチンから体内合成されるプロリン関節痛を緩和する可能性が有ります。

関節痛といっても様々です。関節は全身265個のうち約60パーセントが手足に集中しています。関節痛には様々な原因があります。

 

軟骨がすり減っておきる関節痛に有効

関節を構成しているのは、骨、筋肉、腱(けん)、そして軟骨です。軟骨は骨の先端についており、クッションの役目を果たしています。ところが軟骨は柔らかい組織ですから、関節を曲げ伸ばしするたびにぶつかり、こすれてすり減っていきます。ところが通常は、軟骨には再生能力があるために、特に問題は起きません。

しかし、加齢とともに軟骨の再生能力が落ちると、軟骨のすり減るはやさに再生が追いつかなくなります。そのため、軟骨が薄くなり、骨と骨が直接ぶつかり合うようになって痛みを感じるのです。

関節の重要な組織、軟骨の再生にはコラーゲンが不可欠です。加齢とともに体内でコラーゲンを作る能力も衰えてきます。しかし、食事やサプリなどでコラーゲンを摂っても、コラーゲンはコラーゲンのまま腸から吸収されるわけではありません。コラーゲンはアミノ酸まで分解されて初めて腸から吸収され、吸収されたアミノ酸は体内で再び必要な成分に再合成されるのです。

プロリンとは、コラーゲンを構成するアミノ酸の10パーセントを占め、コラーゲンを合成するために必要不可欠なアミノ酸でヒトの体内においては肝臓などでオルニチンから合成されます。ゼラチン質に多く含まれる成分で、関節痛などを改善する効果があるといわれるほどですから、関節痛でお悩みの方は特に重視したいアミノ酸です。

加齢によって減少してしまうコラーゲンの生成がプロリンによって促進されるというのは、頼もしい限りですね。プロリンは体の中では大きな結合組織である腱、靭帯、関節など、骨組み作りのために必要な成分です。

プロリンが不足すると、体内のコラーゲン量が減少してきます。その結果、肌にハリがなくなったり、シミがなかなか消えなかったり、傷の治りが遅くなるなどの症状が出てきます。腰痛や関節痛にもなりやすくなるので、オルニチンを充足させてプロリン不足、コラーゲン減少に歯止めを掛けましょう。

関連記事:オルニチンから合成されるプロリンが透明感のある美肌をつくる

by Dr.サプリメント タカ

同じカテゴリー「オルニチンのパワーと効果」の一覧

はなまる

オルニチンの肝細胞保護効果が細胞レベルでも確認

オルニチンはオルニチンサイクルを活性化して、アンモニアの解毒を促進することで、肝臓全体の負担を軽くして肝臓を保護すると言われてきましたし、タカの本ブログでも度々、その旨をお伝えしてきました。このたび、マウスの受精卵から作った万能細胞(ES細胞)を使って複雑な肝臓の組織を作り、研究室のシャーレの中でもオルニチンがアンモニアや過剰なアルコールによる肝細胞死を抑制することが分かりました。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したアルギニンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンからシトルリン、シトルリンからアルギニンへと変化したアルギニンは筋肉増強、アンチエイジング、血流改善、疲労回復、免疫力向上などの働きがあります。また、アルギニンは精力剤に含まれる成分としても有名なのはあなたもご存知のとおりです。

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンサイクルで発生したシトルリンの働きと効果

オルニチンサイクルの一環でオルニチンが変化したシトルリンは心臓や血管の健康に欠かせない物質。これにより血管を若返らせ、全身の血流を改善、スタミナアップや疲労の軽減、筋肉の増強、パフォーマンスの向上が期待できます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが高血圧や動脈硬化を予防する!?

コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に充足することで高血圧や動脈硬化の予防策の一つになるかもしれません。日本高血圧学会では、収縮時の血圧(上の血圧)で140mmHg、拡張時の血圧(下の血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。あなたは、大丈夫ですか? 血管を柔らかくすることで血圧が下がり、動脈硬化が改善されます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンから合成されるプロリンが骨を丈夫にする

丈夫な骨は、骨に無理な力がかかったときに、折れることなく、しなって柔軟性を発揮します。柔軟な骨の組成に重要なのが、アミノ酸がつくる線維状タンパク質です。なかでも線維状タンパク質の構造体である、コラーゲンの合成を促進、活性化するプロリンの元となるオルニチンを身体に十分満たしておくことは丈夫な骨作りの大切な要素の一つかもしれません。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ