オルニチンの安全性は極めて高い

MENU

オルニチンの安全性について

オルニチンの安全性データ

オルニチンに関しては、各種の安全性試験がおこなわれており、安全性の豊富なデータが蓄積されています。もともと、オルニチンはヒトに体の中にある成分です。しじみやキノコなど多くの食品の成分のひとつとして昔から食べられてきたものです。サプリメントとしても、日本や米国などで広く販売、使用されています。

 

オルニチンの安全性試験

オルニチンの安全性試験は次のような項目で確認されています。

反復投与試験 :実験動物に試験食物質を一定期間にわたり繰り返し何度も投与し、長期間摂取の影響をみる試験。

急性毒性試験 :実験動物に試験食物質を高用量で一回投与し、誤って大量に摂取してしまった場合の影響をみる試験。

変異原性試験、染色体異常試験 :細菌や細胞を用いて、試験物質の遺伝子や染色体への影響をみる試験。

過剰摂取試験 :通常の目安量より多い試験食(たとえば3~5倍量)を、ボランティアの方に一定期間摂取していただき、好ましくない体調の変化を確認する試験。

上記のいずれの試験においても、問題の無い結果となっています。

スポンサーリンク

オルニチンの安全性についてのまとめ

オルニチンそのものは人の体内をはじめ自然界、食品に含まれ昔から人々が摂取してきた成分です。オルニチンの安全性はさまざまな試験を行ったデータでも証明されています。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「オルニチンの豆知識」の一覧

ひらめき

オルニチンサイクルにみるシトルリンとアルギニンの生成

オルニチンサイクルは尿素回路とも呼ばれ、この回路でアンモニアは無毒な尿素に変換されます。アンモニアを尿素に変換する過程でオルニチンはシトルリン、シトルリンはアルギニンへと変化していきます。さらにアルギニンは尿素を産生した後、オルニチンに再生されます。

記事の続きを読む
ひらめき

即席(インスタント)みそ汁やスープのオルニチンはどのように作られているか

近頃、しじみ味噌汁やしじみスープ、ラーメンなど多くのインスタント食品に「しじみ**個分のオルニチン」含有と書いた食品が販売されています。あまりにたくさんのオルニチン含有食品が氾濫し、しかもハンパでないしじみの量のオルニチンが入っているためにオルニチンが合成で安価に作られているのではないかと勘ぐっておられる消費者の方もおみえになるようです。これらのインスタント食品に含まれているオルニチンは化学合成ではなく、お酒や、味噌、酢を作るのと同じ発酵によって作られています。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチン食品の健康被害について

オルニチンは、過剰摂取をしても重大な副作用は起きないとされています。しかし、大量に摂取した場合、人によっては下痢や腹痛などの症状が出ることもあるようです。

記事の続きを読む
注目

オルニチンサプリメントの摂取にあたってご留意いただきたい事柄

オルニチンは長い食歴を持ち、サプリメントや医薬品としての豊富な使用実績があります。しかし、下記に記載するように、極まれにオルニチンのサプリメントを摂取してはいけない方がみえます。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンの安全性について

オルニチンに関しては、各種の安全性試験がおこなわれており、安全性の豊富なデータが蓄積されています。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ