オルニチンは遊離アミノ酸の一種です

MENU

オルニチンとはなに?

オルニチンは体内を巡るアミノ酸

オルニチンとは何かを改めて記述します。私たちの身体の血管や内臓、皮膚、筋肉などのもとになる主な成分はたんぱく質で、体の約20パーセントを占めています。たんぱく質はアミノ酸からできているので、身体の約20パーセントはアミノ酸ということになります。食べたものを消化したり、呼吸ができるのはアミノ酸のおかげです。ところが、アミノ酸の中には、たんぱく質にならずに体内で重要な役割を果たす変わりもののアミノ酸があります。それがオルニチンです。オルニチンはアミノ酸の一種ですが、たんぱく質にはならずに遊離アミノ酸という形で働くのです。遊離アミノ酸は体液に乗って体の中を巡りながら必要なときに、すぐに働けるように準備をしているのです。

 

遊離アミノ酸とはなに?

遊離アミノ酸とはたんぱく質を構成せず、細胞内や血液を巡りながらいつでも働けるように存在するアミノ酸の総称です。貯められたアミノ酸は「アミノ酸プール」と呼ばれ、必要に応じて新たなたんぱく質を作ったり、独自の働きをします。

身体の機能をきちんと維持するためには、たんぱく質となって筋肉や内臓になるアミノ酸と同様に遊離アミノ酸も欠かせません。特殊な働きをするオルニチンも、なくてはならない遊離アミノ酸のひとつなのです。

 

オルニチンとはなに?のまとめ

オルニチンはたんぱく質を構成しない遊離アミノ酸の一種で身体の機能を維持するために無くてはならない重要なアミノ酸です。

by Dr.サプリメント タカ

 

同じカテゴリー「オルニチンの豆知識」の一覧

ひらめき

オルニチンサイクルにみるシトルリンとアルギニンの生成

オルニチンサイクルは尿素回路とも呼ばれ、この回路でアンモニアは無毒な尿素に変換されます。アンモニアを尿素に変換する過程でオルニチンはシトルリン、シトルリンはアルギニンへと変化していきます。さらにアルギニンは尿素を産生した後、オルニチンに再生されます。

記事の続きを読む
ひらめき

即席(インスタント)みそ汁やスープのオルニチンはどのように作られているか

近頃、しじみ味噌汁やしじみスープ、ラーメンなど多くのインスタント食品に「しじみ**個分のオルニチン」含有と書いた食品が販売されています。あまりにたくさんのオルニチン含有食品が氾濫し、しかもハンパでないしじみの量のオルニチンが入っているためにオルニチンが合成で安価に作られているのではないかと勘ぐっておられる消費者の方もおみえになるようです。これらのインスタント食品に含まれているオルニチンは化学合成ではなく、お酒や、味噌、酢を作るのと同じ発酵によって作られています。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチン食品の健康被害について

美容や健康に良いといわれているオルニチンですが、一日の摂取目安はどのくらいが適量なのでしょうか?実際にはあなたが期待する効果と目的によって、一日の摂取量は大きく違うことになるのですが、一般的には400ミリグラムから1000ミリグラムぐらいの量がオルニチンの一日の摂取目安量と言われています。オルニチンサプリを飲んでいる人に聞いてみますと1000ミリグラムぐらい前後から体調の変化を感じる人が多いようです し、Dr.サプリメント タカも、しこたま友人たちとアルコールを飲んで、その前後に合計1600ミリグラムくらいのオルニチンを飲んで試したことが有るのですが、非常に快適な飲み会と翌朝を迎えることができました。

記事の続きを読む
注目

オルニチンサプリメントの摂取にあたってご留意いただきたい事柄

オルニチンは長い食歴を持ち、サプリメント、医薬品としての豊富な使用実績がありますが、過剰摂取は避け、体質に合わないとか何かおかしいと感じられたら摂取を一旦止めて医師に相談してください。妊婦さん、授乳されている方、薬を服用あるいは通院されている方は、オルニチンをサプリメントとして摂取する場合は医師や薬剤師にご相談をお願いします。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンの安全性について

オルニチンはもともとヒトに体の中にある成分です。しじみやキノコなど多くの食品の成分として昔から食べられてきました。サプリメントとしても、日本や米国などで広く販売されています。また、オルニチンに関しては、各種の安全性試験がおこなわれており、豊富な安全性データを蓄積しています。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ