肝臓の数値、総ビリルビン(T-Bil)について

MENU

肝臓の数値、総ビリルビン(T-Bil)について

動物の尿や便の黄褐色は、ビリルビン由来の色です。ビリルビンは、古くなった赤血球が壊れたときに生成される黄色い色素です。健常時は血液中にはごく少量しか存在しませんが、病気になると異常に大きく上昇します。総ビリルビン(T-Bil)は肝臓や胆嚢の状態を知るための大切な指標です。

 

総ビリルビンの基準値は0.2~1.2 mg/dL

基準値より低くても特に問題はありません。総ビリルビンは間接ビリルビンと直接ビリルビンの合計で比率は1:1とされています。皮膚の色が黄色くなるなど、黄疸が見られるようになる数値は総ビリルビンが3.0mg/dLを超えるあたりからとされています。

総ビリルビンの値が健常な時:

ビリルビンは血液で肝臓に運ばれ、胆汁中に捨てられます。肝臓で処理される前のビリルビンを「非抱合型(間接)ビリルビン」、処理された後のビリルビンを「抱合型(直接)ビリルビン」と呼びます。通常、総ビリルビンは血液中にごくわずかしか存在していません。

 

総ビリルビンの値が異常な時:

肝臓の障害により胆汁の流れが悪くなると、胆汁中の抱合型(直接)ビリルビンが血液中に漏れ出し数値が上がります。非抱合型(間接)ビリルビンは、通常より過剰に赤血球が破壊されると数値が上がります。また、生まれつき非抱合型(間接)ビリルビンを抱合する酵素が少ない人は数値が上がります。慢性肝炎や初期の肝硬変ではあまり上昇しませんが、肝硬変が進んで肝不全が進行すると徐々に上昇していきます。

 

総ビリルビンの数値が高い時に関連する疾患

総ビリルビンの健康診断結果で基準値を超えていた場合、肝臓疾患では急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓がんなどが疑われます。
その他の疾患では、溶血性貧血、膵臓がん、胆嚢結石、胆嚢炎、胆管炎、体質性黄疸、閉塞性黄疸、敗血症などを疑うことができます。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク




同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む
はなまる

ボジョレヌーボの解禁日が毎年11月の第3木曜日の理由

そもそも解禁日を設けたのは各ワインの製造所が我先にと出荷しようと早出しする事による品質低下を防ぐためだったのです。1967年にボジョレーヌーボーの解禁日は11月15日と決めたのですが、この日が土日にあたるとワイン運搬業者がお休みになってしまうため、1985年から法改正によって11月の第3木曜日に改定されたのです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ