ダイエットで肝臓病!?NHKためしてガッテンより

MENU

ダイエットで肝臓病!?NHKためしてガッテンより

ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇

体重の増減が激しい急激なダイエットを繰り返す人に脂肪肝のリスクが高いことが判ってきました。 NHKためしてガッテン(10月12日)で放映された「まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇」では、ダイエットの達人という人を25人を調べたところ、11人もの人の肝臓が脂肪肝の状態になっていたとか・・・。

今日は前回の記事「脂肪肝改善法・NHKためしてガッテンより」に引き続いて同じくためしてガッテンより「ダイエットで肝臓病!?」シェアします。

今回は
1、急激なダイエットで脂肪肝に?
2、肝臓に優しいダイエットとは?
3、コワーイ脂肪肝をどうやって見つける?の3点をお送りします。

急激な体重増減の繰り返しは脂肪肝のリスクが大

〇月〇日までにあと、〇キログラム体重を落としたい!夏までにあと〇キログラム減量したい!これらは、特に女性に良くあるダイエットのパターンではないでしょうか?このような急激なダイエット経験者はぜひご覧ください!
上記のようなダイエットをすると脂肪が溜まりやすい状態の肝臓になってしまい、糖尿病のリスクが高まったり、肝硬変や肝臓がんの危険性まで出て脂肪肝になってしまうのです!

「ためしてガッテン」では自称ダイエットの達人25人を調べたところ、なんと11人の肝臓が脂肪肝の状態になっていました。彼や彼女たちは『急激な体重増減を繰り返していた』ということ。いったい肝臓に何が起きるのか、番組では、その秘密を解明していきました。

1、ダイエットで肝臓がパンパンになって脂肪肝に・・・

肝臓はアミノ酸の代謝や有害物質の解毒など500種類を超える働きをしていると言われますが、ネルギーを「脂肪」の形で蓄えるという重要な機能があります。
食物をたくさん食べると血液中にエネルギー源が増えすぎるため、余ったエネルギーを肝臓が回収して脂肪として蓄えます。この状態が長期間続くと体型もふくよかになるとともに「脂肪肝」になってきます。
太ったからといって、食事を減らすような急激なダイエットをすると、身体は飢餓を感じて全身の脂肪細胞や筋肉がエネルギー源を放出します。すると、筋肉が減少して代謝が落ち、体が消費するエネルギー量が落ちます。その結果、ダイエットで体重は減っても、脂肪が肝臓に溜まりやすい状況になってしまうのです。

さらにダイエットを止めて以前のようにエネルギーが過剰の状態に戻ると、脂肪が肝臓に溜まりやすい状態になっている上に、食事の栄養が入ってくるので脂肪肝が更に進行すると考えられています。

2、肝臓に優しいダイエットとは?

脂肪を溜めやすい肝臓になるのを回避するためのダイエットはゆるやかなダイエットです。番組の目安では「半年で10キログラム減」程度の減量だと言っていました。〇〇だけを食べるダイエットとか食事の量を急に減らすダイエットはNGです。一ヶ月に10キログラム減などの急激なダイエットは間違った方法。

横浜市立大学付属病院の中島 淳先生は「急激に体重を落としたくなるのを我慢して緩やかに体重を落としていく のが良い」と番組で解説してみえました。

番組中では女性や通常の体格の方なら一月に2キログラムの減量くらいまで、大柄な方でも一月に3キログラムの減量くらいまでにとどめるようにとのことです。すでに大幅な減量をしてしまったという人は、今の体重をキープするのが大切ですと。また、運動などを併用し筋肉を増やすようにすると効果的ですとも。

3、コワーイ脂肪肝、どうやって見つける? 

昔は太った人や、お酒を飲む人がなると考えられていた脂肪肝ですが、今は普通の体型の人でも脂肪肝になる事が判ってきました。脂肪肝はそのまま放っておくと肝硬変や肝がんのリスクが上昇します。
そして、肝臓は血糖を常に一定に保つ働きも持っています。脂肪肝になるとこの機能が衰え、血糖値が上昇、糖尿病のリスクも増大します。

脂肪肝そのもは自覚症状が無いため、なかなか見つけにくい疾患です。番組では病院で超音波診断を受ける事を推奨していました。また、血液検査で肝臓の数値「ALT」が40を越えていたら要注意です。

もし、あなたやご家族の誰かが脂肪肝との診断を受けたら、番組の続きである「脂肪肝改善法・NHKためしてガッテンより」をご覧ください。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む
はなまる

ボジョレヌーボの解禁日が毎年11月の第3木曜日の理由

そもそも解禁日を設けたのは各ワインの製造所が我先にと出荷しようと早出しする事による品質低下を防ぐためだったのです。1967年にボジョレーヌーボーの解禁日は11月15日と決めたのですが、この日が土日にあたるとワイン運搬業者がお休みになってしまうため、1985年から法改正によって11月の第3木曜日に改定されたのです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ