脂肪肝の発症メカニズムが解明!ルビコンが関与

MENU

脂肪肝の発症メカニズムが解明!ルビコンが関与

ルビコンが増加して脂肪肝を悪化させる事が判明

高脂肪食の摂取により特定のタンパク質「ルビコン」が肝臓で増加し、脂肪肝が悪化することを大阪大の竹原徹郎教授(消化器内科学)のチームがマウスの実験で突き止めたと9月13日に発表しました。 この研究成果は2016年9月下旬以降に米肝臓病学会誌の電子版に公開されるそうです。

過食やアルコールの飲みすぎで肝臓に中性脂肪がたまって肝機能が悪くなる脂肪肝。日本では4人に1人が脂肪肝を患っているとされています。脂肪肝が重症化すると肝硬変や肝がんに至りますが、有効な治療薬もないために生活習慣の改善以外に治療方法が無いが現状です。

朗報・脂肪肝の治療薬開発に期待

チームによると脂肪などの分解作用を抑えるタンパク質「ルビコン」は、細胞が自分自身のタンパク質を分解して再利用する自食作用(オートファジー)を抑制する働きがあるということです。オートファジーの異常は、がんなどさまざまな病気にも関連することが知られています。

チームが4カ月間、高脂肪食を与えたマウスの肝細胞でルビコンが増加した。さらに、ルビコンが働かないよう遺伝子操作したマウスは脂肪を取り続けても肝臓に脂肪がたまりにくくオートファジーが正常に機能していたそうです。

今まで脂肪肝の肝臓では、脂肪など細胞内の不要物を分解する「オートファジー(自食作用)」の働きが弱まっていることが知られていたが、詳しいメカニズムは分かっていませんでした。

吉森教授は「ルビコンの働きを抑えることで脂肪肝を治療できる可能性がある」と話してみえます。

この研究成果のおかげで「ルビコン」の働きを抑制して自食作用(オートファジー)を促すことができる新たな脂肪肝の治療薬が開発されるかもしれませんね。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

急性アルコール中毒で死をまねく飲み会の共通点

急性アルコール中毒による死をまねく飲み会の共通点には、どんなものが挙げられるでしょうか?

記事の続きを読む
注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ