アルコール性肝臓病の早期発見で肝臓をいたわろう!

MENU

アルコール性肝臓病の早期発見で肝臓をいたわろう!

 おの飲み過ぎは、誰でも肝臓病にかかります。 それは、アセトアルデヒドが体内に蓄積するからです。自分だけは特別だ、例外だ・・・なんて決して思わないでください。

 個人差はあると思いますが、毎日、日本酒を3合以上飲み続けると5年で脂肪肝、さらに5年で肝硬変というデーターがあります。

アルコールと肝臓病

お酒の飲みすぎは、様々な病気の原因になりますが、肝臓病は最も高い確率で発症し、重篤になる病気です。最初は脂肪肝からはじまり、お酒を飲み過ぎれば誰でも発症します。

アルコールは肝臓で一旦「アセトアルデヒド」に分解された後に水と炭酸ガスになって体外に排出されます。ところが、長期にわたる過度の飲酒でアセトアルデヒドが脂肪の分解を抑制すると同時に脂肪酸(中性脂肪の原料)の合成を高めるために、肝臓の細胞内に中性脂肪がたまって脂肪肝となるのです。ガチョウや鴨の肝臓を強制肥大させたと同じような、フォアグラ状態ですね。

最近では過食による肥満や糖尿病が原因の脂肪肝も増えていますので、お酒を飲む方は非アルコール性脂肪肝との区別が必要です。アルコールが原因のアルコール性脂肪肝は、飲酒をやめれば短期間に改善するのが特徴です。

 アルコール性脂肪肝を改善しないで、更にお酒を飲み続けるとアルコール性肝炎 (腹痛・発熱・黄疸の症状)という重症な状態になり、死亡することもありえます。
幸いなことに、アルコール性の肝臓病の特徴はウイルス性肝炎と違って、自分の意思で発生が予防できるという点です。しかし、大部分の人は、その時点でアルコール依存症となっていて断酒による予防が困難なために、アルコール性肝臓病の割合は増加しているのが現状です。

アルコール性肝炎でありながら、さらにお酒を飲み続けると肝硬変という最終段階 に入ります。症状としては腹水・黄疸・吐血などが挙げられます。肝硬変は不治の病と考えられていますが、アルコール性肝硬変の特徴のひとつに、断酒を継続できれば肝硬変が改善するという点が挙げられます。アルコール性肝硬変と診断されても、決してあきらめないでください。

肝臓疾患にならないために、肝臓をいたわるお酒の飲み方と、アルコール性肝臓病の早期発見が大切です。
肝臓をアルコールから守る成分はこちら・・・ 

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク




同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

急性アルコール中毒で死をまねく飲み会の共通点

急性アルコール中毒による死をまねく飲み会の共通点には、どんなものが挙げられるでしょうか?

記事の続きを読む
注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ