MENU

ボジョレヌーボの解禁日が毎年11月の第3木曜日の理由

ボジョレーヌーボーの解禁日が11月の第3木曜日の理由

なぜ、11月の第3木曜日がボジョレーヌーボーの解禁日になったのでしょうか?

1967年にボジョレーヌーボーの解禁日は11月15日と決めたのですが、この日が土曜、日曜にあたるとワイン運搬業者がお休みになってしまうため、1985年から法改正によって11月の第3木曜日に改定されたのです。

そもそもボジョレーヌーボーに解禁日を設けた理由は、各ワインの製造所が我先にと出荷しようと早出しする事による、品質低下を防ぐためだったのです。

ボジョレヌーボーとは

ボジョレヌーボーと呼ばれるワインは、フランスはブルゴーニュ地方の南にあるボジョレーという地区でその年に収穫された「ガメイ種」というぶどうを使い、収穫されてから40~50日で作ったものを「ヌーボー」と呼び、マセラシオン・カルボニックという発酵法により製造されていることやアルコール度数が9度以上であることがボジョレーヌーボーとして認められる条件だそうです。

スポンサーリンク


ちなみにマセラシオン・カルボニック法というのは、ぶどうを潰さずにそのまま発酵させる製法で、ぶどうの重さで自然に滲み出た果汁が発生する炭素ガスでぶどうを発酵させる「炭素ガス浸潤法」と呼ばれる方法です。
炭素ガス浸潤法によってボジョレー独特の色とフレッシュな味わいが生まれるというわけなんですね。
1900年代中頃までは、その年のワインの出来を確認するために地元の人々の間で飲まれていた試飲用の「地酒」だったのですが、いつしか世界中で愛されるワインになってしまいました。白ワインやロゼもありますが、正式には赤ワインだけがボジョレーヌーボーと認められています。

今年のボジョレー・ヌーヴォーは、「採れたてのベリー系の果実を口の中で頬張ったかのような、瑞々しい味わいが魅力」とのこと。特に酸と果実味のバランスが素晴らしい魅惑的な仕上がりだそうです。

タカも明日の晩はとにかくボジョレー・ヌーヴォーを仕入れてカミさんと飲んでみようっと!毎夜のごとく、飲みだすとワインだけでは飲み足らずに他のアルコールにも手を付けることになるのだけれども・・・。今年のボジョレー・ヌーヴォー、楽しみ!

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

急性アルコール中毒で死をまねく飲み会の共通点

急性アルコール中毒による死をまねく飲み会の共通点には、どんなものが挙げられるでしょうか?

記事の続きを読む
注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送が多シーズン

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ