肝臓の壊死、線維化とは肝硬変になること

MENU

肝臓の壊死、線維化とは肝硬変になること

肝細胞の壊死、線維化とは

お医者様の説明って、素人にはわかりずらいところがありますよね。今日は、肝臓壊死線維化についての質問をいただきましたので、この場であなたともシェアしたいと思います。

肝臓の細胞が壊死すると、その部分が線維化し、肝硬変になると肝がんになる恐れも出てきます。

実際にタカの母の肝硬変を説明をしていただいた時のお医者様の話で肝臓の壊死、線維化について記載したいと思います。

肝硬変の手術を決断させたお医者様の言葉

タカが母を肝硬変で亡くしたことはプロフィールに書いているとおりです。母は20歳代で輸血によってB型肝炎ウイルスに感染し、55歳のお正月に食道静脈瘤の破裂による吐血で入院、検査の結果、肝硬変を発症していることが判明しました。今ならB型肝炎の給付金が請求できる疾病ですが当時は未だ制度が整っていませんでした。

入院中はありとあらゆる治療をしていただいたのですが、肝硬変の治療は安静と食事療法と対処療法しかありません。何度も吐血しては入退院を繰り返す中で、いよいよ手術を考える事となり、その時のお医者様の説明が肝臓の線維化だったのです。

肝臓が健康な時は、食材の「レバー」を想像していただけばお分かりいただけるように、ほぼ血の袋のようなものでプルプルとして柔らかな物体です。これが、アルコール性にしろ、C型やB型に代表されるウイルス性にしろ、肝炎になると肝臓の細胞が壊死してしまい、壊死した部分は線維化が進みます。線維化というのは生きていた細胞が壊死して硬くなり、線維に置き換わることを言います。肝臓だけでなく、肺でも肺線維症などの機能障害が起りますね。当然、壊死して線維化した部分に肝臓の機能はありません。そして、一部は肝癌へと進行する場合があります。

ここからは、お医者様の手術前のお話しです。

「肝臓は大変に再生能力の高い臓器です。壊死して線維化した肝臓の部位を切り取っても、ある程度再生しますし、肝臓の固くなった部分を切り取って肝臓が柔らかくなれば、肝臓への血流がスムーズに流れ込んで食道など静脈瘤の圧力が下がり、良い結果を生むでしょう・・・」というのが我々家族が母の手術を決断する決め手となった説明でした。
手術自体は成功したのですが、手術後も何かあるたびに食道静脈瘤からの吐血は起りました。最後は吐血のために救急搬送された病院で、検査のために挿入された内視鏡が食道静脈瘤を突き破り、出血のために亡くなりました。

肝臓は再生能力の高い臓器!?

肝臓は再生能力の高い臓器ですが、肝硬変になると可逆性(元に戻る・治る)はありません。また、かつては、脂肪肝は良性で可逆性の病態の最たるものとされて、あまり重要視されていませんでしたが、非アルコール性脂肪肝炎(NASH、ナッシュ)の一部は線維化が進み、肝硬変、さらには肝がんや肝不全へ移行します。

あなたも肝臓を十分にいたわって、ご自愛ください。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク




同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

急性アルコール中毒で死をまねく飲み会の共通点

急性アルコール中毒による死をまねく飲み会の共通点には、どんなものが挙げられるでしょうか?

記事の続きを読む
注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ