肝臓を疲労させ、悪くする生活習慣とは

MENU

肝臓を疲労させ、悪くする生活習慣とは

肝臓を疲れさせ機能低下を招く悪い生活習慣

昨日の記事「オルニチンサプリを摂るのは新しい、良い生活習慣の始まり」は、肝臓に良い生活習慣について書きましたが、今日は肝臓を悪くする生活習慣について書いてみます。悪い生活習慣から一刻も早く抜け出して肝臓をいたわるように心がけましょう!

お酒を飲まない人でも肝機能は低下する

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように、神経が通っていないため、 ダメージを受けてもほとんど自覚症状が出ません。そのために、大部分の人は自覚症状を感じないまま肝臓を酷使して、肝機能を低下させている恐れがあります。

全身の血液の約1/4が集まる肝臓は、体内にまぎれ込んだ毒物や体内で発生する有害物質を無毒化する非常に重要な役割を担っています。肝臓はそれだけ大きな負担がかかっている臓器だとも言えます。また、肝臓はダメージを受けた時のサインが分かりにくからこそ、定期的な検査はもちろん、毎日の生活習慣を見直して肝臓をいたわる事はとても重要です。

お酒を全く飲まない人でも肝機能は低下します。運動不足や食べ過ぎ、ダイエット、栄養バランスの偏り、ストレスや便秘、喫煙などは肝機能障害を引き起こす要因になります。順に見ていきましょう。

 

1、偏った食生活

偏った食生活を続ける事は全身の健康維持はもちろん、肝臓にとって非常に大きなリスクになります。例えばヒトのエネルギー源であるブドウ糖は、基本的に1日3食の食事から補われています。これを疎かにする(朝食を抜いたりする)と、肝臓は肝臓に貯蔵したグリコーゲンをエネルギー源のブドウ糖に分解・変換しなければなりません。この作業は、弱っている肝臓には大きな負担となります。また、仕事が忙しかったり、残業が続いて昼食と夕食の時間が大きく開く人も食べ物からのエネルギー補給が途絶えるので、肝臓の負担が重く、リスクが高くなります。もし、昼食を食べてから、深夜帰宅するまで食事をとらない人は、夕方におやつを摂ってエネルギー補給をしてください。
肝臓に良い食生活とは、栄養バランスが整ったものをよく噛んで1日3食、決まった時間に定期的にとることです。また、食後は肝臓が忙しく働いているため、急な運動は避けることも重要です。

早食いも肝臓にダメージを与えます。早食いをして急激に栄養を摂り込むと、血糖値が急上昇し、膵臓はもちろんのこと、代謝の要である肝臓も急ピッチでフル稼働しなければならないからです。

 

2、ストレスと睡眠不足

ストレスやストレスが原因となる睡眠不足は、肝臓の機能の低下に直に影響を及ぼします。ストレスを感じると分泌されるホルモンは血管を収縮させるため、血圧が上昇して肝臓に負担がかかります。ストレスを遠ざけ、良いストレス解消法を見つけて良質な睡眠を心掛けてください。

 

3、過度なダイエット

食事制限を行うダイエットで、タンパク質が不足すると肝臓には脂肪だけが蓄積されて、脂肪肝になる可能性が高くなります。さらにダイエットのリバウンドを繰り返すことによって脂肪肝が悪化し、肝炎や肝硬変を発症させてしまう例があるのです。

ダイエットをする時は過度な食事制限は避け、バランスの良い食事をとって総カロリーを減らし、適度な運動を組み合わせて取り組んでください。運動不足も肝機能低下の要因だからです。運動は、毎日少しずつ行うウオーキングなどの有酸素運動がお勧めです。

 

4、喫煙

タバコは有害物質であるアセトアルデヒドをつくり出し、肝臓を傷める原因のひとつと考えられています。禁煙がベストですが、逆にストレスの要因になる方は、本数を減らすところから始めましょう。

5、薬の過剰摂取や長期服用

身体を良くするために飲む薬ですが、薬は有害物質だと判断され、肝臓は解毒を行います。ですから薬の過剰摂取はもちろん、長期服用は肝臓にとって大きな負担となり、痛めることになってしまいます。特に抗うつ剤など神経系の薬は肝臓に大きな負担をかけてしまいますので、常用していて気になる症状が現れたら早めに医師に相談してください。

6、便秘

便秘は一見、肝臓とは無関係に思えるのですが、本来排泄されるべき有害物質を体内に蓄積している状態です。大腸で発生するガスは血管に溶けて肝臓に運ばれます。有害物質を解毒するのは肝臓ですから、便秘になると肝臓は通常の働きの何倍もの作業をしてしまいます。

便秘症は、肝機能障害の他にもさまざまな病気を発症させます。慢性化させないように、バランスの良い食事や適度な運動を心掛けてください。

あなたは、知らず知らずのうちに肝臓に無理な負担をかけていませんでしたか?肝臓はタフな臓器だけに、いったん悪くなると取り返しのつかない状況まで陥ることがあります。このページで挙げたような肝臓に悪い生活習慣を改め、「オルニチンサプリを摂るのは新しい、良い生活習慣の始まり」を参考にしながら肝臓をいたわってあげましょう!

by Dr.サプリメント タカ

同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

急性アルコール中毒で死をまねく飲み会の共通点

急性アルコール中毒による死をまねく飲み会の共通点には、どんなものが挙げられるでしょうか?

記事の続きを読む
注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ