MENU

まだら脂肪肝ってなに?

まだら脂肪肝は不規則に脂肪がついた脂肪肝

あなたも「脂肪肝」という言葉は聞く機会も多く、良くご存知だと思います。ところが、「まだら脂肪肝」って言われると・・・???ですね。簡単にいえば、まだら脂肪肝は脂肪の沈着状態が均一でない脂肪肝のことです。

もう少し詳しくいえば、まだら脂肪肝は脂肪の沈着状態が肝臓の部位によって異なっているもので、不規則あるいは不均一脂肪肝ともいわれ、画像診断では肝臓腫瘍との識別がむつかしい場合があります。

脂肪肝、まだら脂肪肝を侮らないで!

さて、まだら脂肪肝が特別に悪性な脂肪肝ではないと解って「ホッ!」と安心したあなた。決して脅すわけではありませんが、脂肪肝を侮って放置しておくと、脂肪肝炎に移行し、さらには肝硬変から肝がんへと進行することがあります。

健康な肝臓でも3~5パーセントの中性脂肪を含んでいますが、10パーセントを超えると脂肪肝といわれ、病理学的には肝細胞を顕微鏡で観察した時、30パーセント以上に脂肪空胞が認められる状態を脂肪肝といいます。

脂肪肝は、いまや国民の3人に1人が潜在的にかかっているといわれる生活習慣病の一つです。2010年度の統計では、腹部超音波による検査で脂肪肝と診断された人は、男性が40パーセント、女性が11パーセント、全体で33パーセントという数字が出ているのです。

 

脂肪肝になる原因と対策

脂肪肝の主な原因としては、アルコールの摂取、肥満や糖尿病、脂質代謝異常症などが挙げられます。

アルコール性の脂肪肝が減少傾向にある一方、増加しているのがアルコールを飲まない人でも肥満等の生活習慣病やメタボリック症候群に起因する「非アルコール性脂肪肝」(NAFLD)です。このアルコールが原因ではない脂肪肝の10~20パーセントに、肝細胞の壊死や炎症、線維化が起こる「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」が発症するといわれており、さらにその内の10~20パーセントに肝硬変や肝がんに進行する例が報告されています。非アルコール性脂肪肝(NAFLD)は、脂質や糖分の多いバランスを欠いた食生活や運動不足による、内臓脂肪の増加が原因と考えられています。

脂肪肝の対策

脂肪肝の状態であれば、あなたの努力次第で治すことができます。

飲酒習慣のある人は、禁酒をするか、アルコールの摂取量を減らしましょう。 脂肪肝にならないと推定される1日のアルコール量は、ビールなら500ミリリットル、日本酒なら1合の適正飲酒量に控えることです。

食生活も見直しましょう。できる限り低カロリー、低脂肪でタンパク質や野菜を含むバランスの良い食事を心がけてください。

適度な運動をしましょう!軽く汗ばむ程度のウオーキングを1日に20分以上、週3回以上行いましょう。あまり激しい運動は肝臓にも負担になるので気をつけましょう。適度な運動は内臓脂肪を減らすと共に、血圧や血糖、脂質の状態も改善します。

急激なダイエットは、リバウンドしたり、脂肪肝をさらに悪化させたりと、良い結果を生みません。3ヶ月で現在の体重から5%パーセント程度の減量を心がけることで、脂肪肝の改善に結びつきます。

既に糖尿病や高血圧などの生活習慣病がある人は、専門のかかりつけ医をつくって薬や運動、食事療法で改善を目指しましょう。

脂肪肝が脂肪肝炎に移行しないように十分にご自愛くださいね。
皮下や内臓(肝臓)についた中性脂肪を分解してエネルギーに変換しやすくする、オルニチンサプリを試してみるのも一つの選択肢かもしれません。

by Dr.サプリメント タカ

同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

急性アルコール中毒で死をまねく飲み会の共通点

急性アルコール中毒による死をまねく飲み会の共通点には、どんなものが挙げられるでしょうか?

記事の続きを読む
注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ