脂肪肝の改善と治し方・食事編

MENU

脂肪肝の改善と治し方・食事編

昨日の記事でアルコール性脂肪肝は、飲酒をやめれば短期間に改善すると書きましたが、それには若干の努力が必要です。脂肪肝を改善し、治すには、まずは食事療法で対応しましょう。

 

脂肪肝は、まずは食事療法で改善しよう

脂肪肝と診断された人が、食べていけない食品は特にありませんが、高脂肪、高カロリー、鉄分の多い食品を控えるようにしましょう。もちろん、アルコール類も控えてくださいね。

脂肪肝の人が酒席で、やむを得ずアルコールを飲む場合はビールを控えるようにしましょう。ビールは、糖質とアルコールを多く含むため、脂肪肝に最も悪影響を及ぼしやすいお酒です。
脂肪肝への悪影響は、ビール>日本酒>ワイン>蒸留酒の順で減少します。脂肪肝の人がどうしてもお酒を飲まねばならないなら、焼酎やウイスキー、ウオッカなどの糖質を含まない蒸留酒をできるだけたくさんの水かお湯で割って飲んでください。間違っても甘いジュースで割ったカクテルなどで糖質を摂るのは避けてくださいね。

脂肪肝を食事で改善するには

肝臓を患っている人は、以前は高タンパク、低脂肪 と言われていました。現在はタンパク質を制限したほうが良い状況もあると言われていますが、脂肪肝の段階ならば、外食の多い人はできる限り低脂肪の食事を心がけ、タンパク質を制限する必要はありません。

ここでは、脂肪肝の人には一日に30品目以上の食材をバランス良く食べることをお薦めいたします。

食事でたくさんの食材を組み合わせるキーワードは「まごわやさしい」です。
・「ま」:豆類
・「ご」:ゴマ類など
・「わ」:ワカメなどの海藻類
・「や」:野菜類
・「さ」:魚(魚介類)
・「し」:シイタケなどのきのこ類
・「い」:イモ類

上記の食材は脂肪が抑え目で、ビタミン、ミネラル、繊維質が多く、脂肪肝の治療になると考えられる組み合わせです。また、中性脂肪を抑えるのに効果的なEPAやDHAを含む良質なたんぱく質との組み合わせとなります。

近年の研究で、鉄分の多い食品を控えることで肝機能が改善することがわかってきました。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

脂肪肝の薬はありますか?

脂肪肝に即効性の薬はありません。脂肪肝の一番の薬は適度な運動と食事療法の組み合わせです。疲れた体で帰宅してから運動を行うのが困難という方は、サプリメント等を活用して家の中で軽く体を動かせば、肝臓についた中性脂肪を燃焼しやすくすることを考えてみたらいかがでしょうか?

サプリメントも活用してみよう

毎日、一日に30品目以上の食材をバランス良く食べ続けるのは非常に難しいですね。
忙しい人が、日常の軽い運動とサプリメントで脂肪肝に対応するのは有意義な方法です。詳しくはこちらをご覧下さい。

↓脂肪肝の脂肪を燃えやすくする協和発酵オルニチンのレビューページ

 

by Dr.サプリメント タカ

同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む
はなまる

ボジョレヌーボの解禁日が毎年11月の第3木曜日の理由

そもそも解禁日を設けたのは各ワインの製造所が我先にと出荷しようと早出しする事による品質低下を防ぐためだったのです。1967年にボジョレーヌーボーの解禁日は11月15日と決めたのですが、この日が土日にあたるとワイン運搬業者がお休みになってしまうため、1985年から法改正によって11月の第3木曜日に改定されたのです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ