肝臓に良い飲み物、ドリップコーヒー

MENU

肝臓に良い飲み物、ドリップコーヒー

毎日飲むコーヒーが肝臓機能を改善!?

つい先だって、友人と待ち合わせた喫茶店の手洗いの壁に「毎日のコー ヒー摂取が肝機能改善に効果」という新聞記事が貼ってあるのを見ました。それによりますと、 C型の慢性肝炎の患者さんの肝機能改善コー ヒーの摂取が良い効果を発揮したということです。

以前、この壁には「糖尿病の改善にコーヒーが効果的」という記事が貼ってあった覚えですが・・・。

 

毎日飲むコーヒーが肝臓機能改善をネットで調べてみると

“毎日飲むコーヒーが肝臓機能改善”をネットで調べてみたら、大阪市立学院看護研究科の佐々木八千代准教授、同医学研究科の大藤さとこ講師らのグループがC型慢性肝疾患者の肝機能改善に対するコーヒー摂取の効果を確認した・・・と出ていました。これまで検診受診者を対象とした調査で、コーヒー摂取のALT(GPT)値低下に対する効果が示唆されてきましたが、C型慢性肝疾患患者においても同様の効果があるかどうかはわかっていませんでした。今回の結果は 、C型慢性肝疾患者でALT(GPT)が高値の患者においても、1日1杯以上のドリップコーヒーの摂取によってALT(GPT)値が減少する効果を示した初めての研究だそうです。
上記の記事はhttp://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/pdfs/20131211press.pdfからの引用でPDFで開きます。

そして、海外の同じような研究データでは、アメリカでは「コーヒーを飲むと肝障害の人でも改善効果がある」とか、イタリアでは「コーヒーは肝硬変を予防する」という研究があるそうです。

脂肪肝の発生も抑制するコーヒー

公益財団法人 三越厚生事業団 嘱託医の船津和夫(ふなつ・かずお)医師は肝臓の研究者として、「コーヒーが肝臓の病気にこれほど効果があるのなら、きっと脂肪肝にも効くはずだ」と考えられました。ところが、海外でも脂肪肝とコーヒーに関する研究はなかったそうです。

そこで船津医師は健診受診者のデータを用いて、「単年度調査」と「5年間にわたるコーヒー飲量の推移」という2つのコーヒ-と脂肪肝に関する研究を実施しました。

「単年度調査」は、健康な男性1612人の1日当たりのコーヒー飲量(杯数)を1999年度と2004年度で比較し、腹部超音波検査によって把握した脂肪肝との関係を統計学的に検討した結果、肥満度は脂肪肝に関係していて、コーヒーは脂肪肝の発生を抑えている可能性があることがわかったそうです。同時に緑茶でも同じ調査をしたのですが、脂肪肝の抑制効果は認められなかったそうです。

また、「5年間にわたるコーヒー飲量の推移」は、正常肝から脂肪肝になった人と、正常肝のままの人の2群をつくって比較する「マッチド・ペアテスト」によって行なわれました。
その結果、1999年から2004年にかけてコーヒー飲量の推移を比較したところ、5年の間に脂肪肝になった人は「コーヒーを飲む量が減っている」ことがわかったのです。もちろん、正確を期すために、飲酒量や運動量などコーヒー以外のファクターを取り除く回帰分析も行なっています。

それによって、コーヒーを飲むことは脂肪肝の発生を抑制しているだろうと結論づけられました。

船津和夫医師に記事はhttp://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/doctor/78healthからの引用です。

ドリップコーヒーに関するALT(GPT)改善のトピックスはALTの正常者229人とALTの値が高い人、147人と被験者の母数が少なく、原因が特定できていないために、ドリップコーヒー摂取による慢性肝炎患者さんの肝機能改善効果の信ぴょう性は判断が別れると思います。

確実に肝臓を癒したいなら「オルニチンは治療用の医薬品だった?!」もご覧ください。

関連記事「オルニチンは脂肪肝に効果があるでしょうか?」もご覧いただければ幸いです。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク




同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

急性アルコール中毒で死をまねく飲み会の共通点

急性アルコール中毒による死をまねく飲み会の共通点には、どんなものが挙げられるでしょうか?

記事の続きを読む
注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ