ワインVSビールの戦い・フレンチパラドックス

MENU

ワインVSビール・フレンチパラドックスの怪

ボジョレーヌーボーの解禁まじか!

今週は「ワイン」について記事を書いてみようと思います。理由は、あなたもご存知の通り、今週の木曜日がボジョレーヌーボー解禁日だから。2016年は11月17日になります。

さて、ワインといえば健康おたくのタカは「フレンチパラドックス」が気になるところです。「フレンチパラドックス」はあなたも良くご存じのようにフランス人は喫煙率が高く、肉や乳製品を中心とした高脂肪な食生活をしているにもかかわらず、同じような食生活をしている他のEU諸国(特に隣国のドイツ)に比べて心臓疾患などの生活習慣病に罹患することが比較的低いと観察され、ポリフェノールを大量に含む赤ワインは他のアルコール飲料より健康に良い・・・と唱えたフランスのボルドー大学の科学者、セルジュ・レナウド博士による造語です。

 

ワインVSビールの戦い

赤ワインをよく飲むフランス人がビールをよく飲むドイツ人より心臓疾患の発生率が少ない理由を推定した、このパラドックスの解説が、1991年に米国の「60 Minutes」で放映されたとき、赤ワインの消費量が44%も増加し、日本でも赤ワインに豊富に含まれるポリフェノールが循環器系、その他の疾病予防になると赤ワインブームが起こりました。ワインVSビールの戦いです。

1990年代に生まれた「フレンチパラドックス」ですが、現在は「フレンチパラドックス」自体が否定されています。その理由はフランスでは心臓病の発生率が過小評価されている可能性があり、実際には近隣諸国の発生率とあまり変わらないかもしれないとか、同じ高脂肪食品の接収でもトランス脂肪酸(脂肪のプラスチック化)の影響が大きいとか、様々な説があるようです。
しかし21世紀に入った今日でも、ポリフェノールが豊富に含まれるワインに特別な効能を期待する人々は多いようです。

ワインと他のアルコールに関するこんな調査もなされました。55~65歳の男女802人を、全く飲酒をしないグループ(345人)、ワインを主に(飲酒量の3分の2以上)飲むグループ、ワインを適度に(1日1~2杯程度)飲酒するグループ(176人)、ワインはほとんど飲まないで(飲酒量の3分の1以下)他のアルコールは適度に飲むグループ(281人)の飲酒習慣に分けて20年にわたり追跡調査した結果があります。

その結果、飲酒群は非飲酒群より有意に長生きした。しかし、主にワインを飲む群とワインはあまり飲まない群では、寿命に有意な差が見出せなかった。つまり、主にワインを飲む人がワインをあまり飲まない人より長生きしたのは、ワイン自体のせいではなかったというわけだ。

ワイン(特に赤ワイン)信奉者を少し失望させるような研究結果ですが、アルコールを適度にたしなむ人は、全く飲まない人より長生きできることが実証された結果なので、それはそれで良いとタカは思うのですが・・・。

いずれにしても、健康を保って、いつまでもお酒をおいしくいただきたいと願う今日この頃です。

 

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「肝臓をいたわって大切にしよう」の一覧

注目

ウコンは肝臓に悪い・週刊現代より

2月11日号の週刊現代の特集「逆さま健康法」の記事には大きな反響がありました。身体に良かれと思っていた習慣が、実は逆に寿命を縮めていた・・・なんて事にならないように気をつけましょう。

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐための飲み会参加者の責任

もうすぐ春到来!学内では歓迎コンパ、社会では新入社員の歓迎会や移動、転勤による歓送迎会なるなどお酒を飲む機会が増えてきます。 そんな酒席で特に気をつけたいのは、酒席になれていない新成人や新社会人が周りの雰囲気にのまれて急性アルコール中毒になる危険性が高いことです。 酒席の主催者はもちろんのこと、参加者全員で新成人や新社会人を見守ってあげましょう!

記事の続きを読む
注目

急性アルコール中毒を防ぐために守ってほしい酒席でのマナー

今年も飲み会シーズン到来!これから年末年始にかけてお酒を飲む機会が増える人もいると思います。そこで全国のお酒を愛する人々に守っていただきたいお酒の席でのマナーとアルコールについて お話します。

記事の続きを読む
はてな

イッキ飲みは危険!急性アルコール中毒など飲酒による救急搬送は12月が最多

今日は時事ネタです。12月はボーナスと忘年会のシーズン。年末年始の高揚感もあってお酒を飲む機会も増え、急性アルコール中毒による救急搬送が1年中で最も増える時期です。急性アルコール中毒は重症化すれば死に至ることもある非常に危険な状態です。お酒の飲み方や、進め方には十分気をつけて楽しく呑むようにしましょう!

記事の続きを読む
はなまる

ボジョレヌーボの解禁日が毎年11月の第3木曜日の理由

そもそも解禁日を設けたのは各ワインの製造所が我先にと出荷しようと早出しする事による品質低下を防ぐためだったのです。1967年にボジョレーヌーボーの解禁日は11月15日と決めたのですが、この日が土日にあたるとワイン運搬業者がお休みになってしまうため、1985年から法改正によって11月の第3木曜日に改定されたのです。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ