肝臓が疲れる、悪いと熟睡ができずに睡眠の途中で目を覚ます

MENU
オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう TOP  >  肝臓が疲れる、悪いと現れる症状  >  肝臓が疲れる、悪いと熟睡ができずに睡眠の途中で目を覚ます

肝臓が疲れる、悪いと熟睡ができずに睡眠の途中で目を覚ます

 肝臓が疲れたり、弱ってくると寝つきが悪くなったり、熟睡ができず些細なことでも目を覚ますようになります。寝ようとして床につき、仰向けになっていても、ジットしていることができずにやたらと寝返りをうってなかなか眠れません。原因は自律神経のようです。

関連記事「オルニチンサプリメントで肝臓を癒して快適な睡眠をゲット」はここから。

 

肝機能が低下すると自律神経にも影響がでます

近ごろ「寝つきが悪くなった、熟睡できない、小さな音や些細なことで目が覚めてしまう」などということはありませんか?逆に昼間に眠く、脱力状態が続くといったことはありませんか?実は、肝臓の機能が低下すると自律神経にも悪い影響が出るのです。

自律神経の働き

あなたもご存知のように、自律神経は、胃や腸などの消化器や心臓などの循環器、泌尿器、呼吸器、体温調節などすべての器官をコントロールしています。意識しなくても食物を消化し、呼吸し、血液を送り続けてくれます。緊急時には脈拍や血圧が上がって機敏な行動がとれるように準備をしてくれます。この自律神経は昼間の活動期は興奮神経と呼ばれる交感神経が優位に活動し、夜間など身体を休めるときには副交感神経が優位に働き生体機能のバランスを保っています。ところが肝臓の機能が低下すると、このバランスが崩れて様々な症状があらわれてきます。

 

自律神経と肝臓の関係

冒頭に書いたような、質の良い睡眠が十分にとれなくなると、自律神経のバランスが崩れ、自律神経でコントロールされている肝臓の機能を更に低下させてしまうという悪循環に陥ってしまいます。 質の高い健全な睡眠を得るには、肝臓を元気にして肝機能を正常にすると同時に、十分な睡眠で肝機能を高める努力も必要になります。

 

寝つきを良くするには

では、少しでも寝つきを良くして、身体を休め、自律神経の回復をするにはどうしたら良いでしょうか?自分の意志や根性で寝つきは良くなりません。しかし、朝の寝起きは根性でなんとかなります!最初はかなり辛いかもしれませんが、朝がきたら、布団の中でグダグダせずに根性で早起きしましょう!体内時計も正常にリセットされて自律神経の改善にもつながります。

肝臓の問題を先に解決して睡眠の質を良くしたいのであれば、食事や運動などの生活習慣の改善と、いま話題のオルニチンサプリメントを試してみるのも良いかもしれません。

オルニチンサプリメントのレビュー記事はこちら。

関連記事「オルニチンサプリメントで肝臓を癒して快適な睡眠をゲット」はここから。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク




同じカテゴリー「肝臓が疲れる、悪いと現れる症状」の一覧

ひらめき

肝臓が疲れる、悪いと汗からオシッコの臭いがする

肝臓の機能が低下して肝臓の解毒力が落ちると、血液中のアンモニア濃度が下がらなくなってしまいます。血液中のアンモニアが汗と一緒に出て汗からオシッコの臭いがするのです

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと白い色の大便になることがある

うんちの黄金色(茶色)は健康であることの証です。でも、もし、白い便が出たら、それは肝臓の調子が悪いからかもしれません。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと足がつり、こむら返りが起きるようになる

肝臓病が進行して肝臓の機能低下が起きると足の筋肉がつり、こむら返りが起きるようになってきます。これには水分バランスの異常やビタミン、ミネラルの不足が原因のようです

記事の続きを読む
注目

肝臓が悪くなって肝硬変になると腹水がたまります

肝臓の病が進行して肝硬変になるとお腹に水が溜まり出します。B型肝炎から肝硬変に進行してしまったタカの義母も腹水が溜まりました。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと手のひらが黄疸で黄色くなる

肝臓が丈夫な人の手のひらは綺麗なピンク色のはずです。よく分からなければ手のひらをギュツと握ってみましょう。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ