肝臓が疲れる、悪いと右悸肋部(あばら骨近く)に違和感や鈍痛を感じる

MENU
オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう TOP  >  肝臓が疲れる、悪いと現れる症状  >  肝臓が疲れる、悪いと右悸肋部(あばら骨近く)に違和感や鈍痛を感じる

肝臓が疲れる、悪いと右悸肋部(あばら骨近く)に違和感や鈍痛を感じる

 あなたは右悸肋部(きろくぶ・あばら骨の近く)あたりに違和感や鈍痛を感じるようなことは有りませんよね。違和感の程度にもよりますが、脂肪肝、肝炎、胆石などの可能性が考えられます。もし、違和感があったら、直ちに内科を受診してください。

肝臓の異常を感じたら早めに受診

上記の右悸肋部(みぎきろくぶ)は、右の「みぞおち」付近だと思っていただいて良いのですが、もし、異常を感じたら早く病院へ行って診てもらいましょう。もしかしたら、肋間神経痛の可能性もありますが、とりあえず内科を受診すれば良いと思います。

スポンサーリンク




早めの受診を薦める理由

肝臓の病気だけでなく、すべての病気に言えることは、異常の発見が早ければ早いほど、完治する可能性があり、治療の選択肢もひろく、あなたに一番合った治療法が選べるからです。 誰ひとりとして、私の義母のように選択肢が選べず、治療法も無く、対処療法のその場しのぎしかできないような状態になって欲しくないのです。詳しくはDr.サプリメント タカがこのサイトを立ち上げた理由をご覧下さい。

 

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「肝臓が疲れる、悪いと現れる症状」の一覧

ひらめき

肝臓が疲れる、悪いと汗からオシッコの臭いがする

肝臓の機能が低下して肝臓の解毒力が落ちると、血液中のアンモニア濃度が下がらなくなってしまいます。血液中のアンモニアが汗と一緒に出て汗からオシッコの臭いがするのです

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと白い色の大便になることがある

うんちの黄金色(茶色)は健康であることの証です。でも、もし、白い便が出たら、それは肝臓の調子が悪いからかもしれません。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと足がつり、こむら返りが起きるようになる

肝臓病が進行して肝臓の機能低下が起きると足の筋肉がつり、こむら返りが起きるようになってきます。これには水分バランスの異常やビタミン、ミネラルの不足が原因のようです

記事の続きを読む
注目

肝臓が悪くなって肝硬変になると腹水がたまります

肝臓の病が進行して肝硬変になるとお腹に水が溜まり出します。B型肝炎から肝硬変に進行してしまったタカの義母も腹水が溜まりました。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと手のひらが黄疸で黄色くなる

肝臓が丈夫な人の手のひらは綺麗なピンク色のはずです。よく分からなければ手のひらをギュツと握ってみましょう。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ