肝臓が疲れる、悪いと体臭が強くなる

MENU

肝臓が疲れる、悪いと体臭が強くなる

肝機能が低下すると体臭が強くなる

肝臓を酷使して肝機能が低下すると体臭強くなるって事はご存知ですか?あなたは、ご自分の体臭って気になりませんよね、でも、なにかの拍子に急に気になったり、家族から指摘されたりしていませんか?そして、加齢臭だからと思って諦めていませんか?

関連記事「オルニチンサプリメントで疲労臭という体臭を管理する」はここから。

肝臓の機能低下で疲労臭が強くなる

私たちはエネルギーの補充や生体維持のために毎日、たくさんの種類の食べ物や飲み物を摂取しています。そして、口から入る全ての物には何らかの匂いがあります。私たちが何を食べても摂取した物の匂いが臭わないのは肝臓が体内の有害物質を無害なものに変える「解毒作用」と同じように、食べ物や飲み物の臭いの成分も分解しているからです。ところが、お酒の飲みすぎ、その他で肝臓を酷使したり、肝疾患を抱えていて肝機能が低下してくると、乳酸やアンモニアを肝臓で十分に分解しきれなくなります。分解できなかった乳酸やアンモニアが血液と共に全身を巡り、汗と共に排出されて体臭になってしまうのです。これを疲労臭といいます。
オルニチンは肝臓のアンモニアや乳酸の分解して解毒を促進し、汗と共に出てくる体臭を減らます。

スポンサーリンク

加齢臭も肝臓と関係がある

加齢臭は主に40代以降の男性に多いと言われます。その理由は加齢と共に、基礎代謝が落ちて体内の脂肪が分解されにくくなるからです。体内の脂肪酸が酸化すると、ノネナールと呼ばれる加齢臭の原因物質に変化します。肝臓は全身の代謝を行っているために、代謝が落ちると老化が進み、酸化も促進されて、加齢臭を強く発してしまう可能性があります。肝臓の機能を回復させれば加齢臭も減少すると言われています。
また、オルニチンは肝臓で脂肪を代謝しやすい(燃えやすい)遊離脂肪酸に分解する働きもします。

 

肝臓が疲れる、悪いと体臭が強くなるのまとめ

オルニチンは疲労臭も加齢臭も減少させる働きがあるようですね。

関連記事「オルニチンサプリメントで疲労臭という体臭を管理する」はここから。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「肝臓が疲れる、悪いと現れる症状」の一覧

ひらめき

肝臓が疲れる、悪いと汗からオシッコの臭いがする

オシッコ(尿)の臭いはアンモニア臭です。アンモニアは少量ならばヒトの身体に必要な物質ですが、体内に大量に蓄積されると脳障害などを引き起こす大変危険な物質です。肝臓の機能が低下して肝臓の解毒力が落ちると、血液中のアンモニア濃度が下がらなくなってしまいます。血液中のアンモニアが汗と一緒に出てオシッコの臭いがするのです。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと白い色の大便になることがある

うんちの黄金色(茶色)は健康であることの証です。でも、もし、白い便が出たら、それは肝臓の調子が悪いからかもしれません。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと足がつり、こむら返りが起きるようになる

肝臓病が進行して肝臓の機能低下が起きると足の筋肉がつり、こむら返りが起きるようになってきます。これには水分バランスの異常やビタミン、ミネラルの不足が原因のようです

記事の続きを読む
注目

肝臓が悪くなって肝硬変になると腹水がたまります

肝臓の病が進行して肝硬変になるとお腹に水が溜まり出します。B型肝炎から肝硬変に進行してしまったタカの義母も腹水が溜まりました。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと手のひらが黄疸で黄色くなる

肝臓が丈夫な人の手のひらは綺麗なピンク色のはずです。よく分からなければ手のひらをギュツと握ってみましょう。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ