肝臓が疲れる、悪いとお腹が張って苦しくなることがある

MENU

肝臓が疲れる、悪いとお腹が張って苦しくなることがある

肝臓が疲れる、悪いとお腹が張る、膨満感を覚えることがある

お腹が張ること事態は誰にでも起こりうることです。いわゆる腹部膨満感 というやつです。一番、原因が分かりやすいのは食べ過ぎですね。数日で収まる膨満感なら、便秘や体調不良が考えられます。 心配しなくても大丈夫でしょう。でも、膨満感が長く続いている方は、 何らかの病気が疑われます。倦怠感なども伴うようなら、肝炎などの肝機能障害の可能性も否定できません。

お腹が張る(膨満感)原因

腹部膨満感には大きく分けて消化管にガスが溜まるものと、胃の運動機能が低下して起こる胃部膨満感があります。これらは体調不良、運動不足やストレスが原因となる場合があります。十分な休養をとったり、生活習慣を見直すなどで対応しましょう。もし、腹水が溜まり始めたことが原因の膨満感なら大事です。 脂肪肝から肝炎や肝硬変に進行しているかもしれないからです。

スポンサーリンク

膨満感が長引けば、肝臓疾患の可能性も考えよう

もし、疲れやすい、倦怠感を伴う、吐き気をもよおす、など 今まで、このサイトで挙げてきた症状に加えて膨満感を覚えたら肝臓や胆道、胆のうに疾患がある可能性も考えられます。 肝臓は「沈黙の臓器」と言われるだけに、些細な症状も見落とさないようにしたいものです。脂肪肝や肝炎の初期なら完治も可能です。

その他、膨満感を感じるものに腸閉塞や卵巣のう腫、膵炎などの可能性もあります。いずれにしても、長引いているようなら病院の受診をお薦めします。ご自愛ください。

 

 

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「肝臓が疲れる、悪いと現れる症状」の一覧

ひらめき

肝臓が疲れる、悪いと汗からオシッコの臭いがする

オシッコ(尿)の臭いはアンモニア臭です。アンモニアは少量ならばヒトの身体に必要な物質ですが、体内に大量に蓄積されると脳障害などを引き起こす大変危険な物質です。肝臓の機能が低下して肝臓の解毒力が落ちると、血液中のアンモニア濃度が下がらなくなってしまいます。血液中のアンモニアが汗と一緒に出てオシッコの臭いがするのです。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと白い色の大便になることがある

うんちの黄金色(茶色)は健康であることの証です。でも、もし、白い便が出たら、それは肝臓の調子が悪いからかもしれません。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと足がつり、こむら返りが起きるようになる

肝臓病が進行して肝臓の機能低下が起きると足の筋肉がつり、こむら返りが起きるようになってきます。これには水分バランスの異常やビタミン、ミネラルの不足が原因のようです

記事の続きを読む
注目

肝臓が悪くなって肝硬変になると腹水がたまります

肝臓の病が進行して肝硬変になるとお腹に水が溜まり出します。B型肝炎から肝硬変に進行してしまったタカの義母も腹水が溜まりました。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと手のひらが黄疸で黄色くなる

肝臓が丈夫な人の手のひらは綺麗なピンク色のはずです。よく分からなければ手のひらをギュツと握ってみましょう。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ