肝臓が疲れる、悪いと自律神経が乱れてめまいが起きる

MENU

肝臓が疲れる、悪いと自律神経が乱れてめまいが起きる

あなたは、疲れた時にめまいを感じたことはありますか?もしかすると、肝臓自体が疲れていて、めまいを起こしているかもしれません。めまいと肝臓の関係を調べてみましょう。

関連記事「オルニチンサプリメントで肝臓を強化してめまいを改善」はここから。

肝臓が疲れて起きるめまいもあります

めまいには様々な原因があります。たとえば、めまいが起きて耳鼻科のお医者さんに診てもらったが内耳や中耳、三半規管には異常がないと言われた。脳神経外科でMRIを撮っても、脳に異常がないと言われた。それでも現実にめまいがして頭はクラクラするし、足が地面から浮き上がっているような気がする。そんなときは自律神経を疑ってみましょう。

 

自律神経失調症は肝臓の疲れにも起因する

肝臓が疲れると自律神経が乱れる ことは睡眠イライラの記事で書いたとおりです。その自律神経の乱れがめまいを起こし、場合によっては、耳鳴りや難聴といった症状が出るかもしれません。

スポンサーリンク




めまいの種類

めまいの症状は、大別して二種類あります。雲に乗っているように足元が「フワフワするめまい」と、天井が回転するように感じる「グルグルするめまい」です。

 

フワフワするめまい

足元が定まらず雲やトランポリンに乗っているようなフワフワするめまいは自律神経の乱れが原因と考えられます。症状は、めまいだけではなく、耳鳴りを併発する時もあります。他には不眠、頭痛、頭が重く感じる時もあります。同じような症状が薬の副作用でも現れる場合があります。薬を服用中の方は、薬剤師さんやお医者さんに尋ねてみてくださいね。

 

グルグル回るめまい

グルグル回るめまいは、平衡感覚をつかさどる「三半規管」が原因です。耳鼻科で原因が分かることもありますが、三半規管の血行不良によるめまいの場合は、耳鼻科では分からないことが多いです。
グルグル回るめまいは、三半規管に水が溜まって起きると言われています。これを メニエール病と言います。
水が溜まる原因は、ストレスが大きく関係しています。ですからグルグル回るめまいも自律神経失調症の症状のひとつだと思ってもいいでしょう。

 

肝臓が疲れる、悪いと自律神経が乱れてめまいが起きるのまとめ

肝臓が疲れたり弱ったりすると自律神経が乱れてめまいが起きることがあります。耳鼻科や脳神経外科などで特に器官に異常がないと言われた場合は自律神経失調症を疑ってみましょう。
対策としてはメニエール病も他のめまいも同じです。まずは休養をとって、心身共にリラックスするように心がけてください。もちろん、オルニチンサプリ等を摂って肝臓をいたわることも大切です。

 

 

関連記事「オルニチンサプリメントで肝臓を強化してめまいを改善」はここから。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「肝臓が疲れる、悪いと現れる症状」の一覧

ひらめき

肝臓が疲れる、悪いと汗からオシッコの臭いがする

肝臓の機能が低下して肝臓の解毒力が落ちると、血液中のアンモニア濃度が下がらなくなってしまいます。血液中のアンモニアが汗と一緒に出て汗からオシッコの臭いがするのです

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと白い色の大便になることがある

うんちの黄金色(茶色)は健康であることの証です。でも、もし、白い便が出たら、それは肝臓の調子が悪いからかもしれません。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと足がつり、こむら返りが起きるようになる

肝臓病が進行して肝臓の機能低下が起きると足の筋肉がつり、こむら返りが起きるようになってきます。これには水分バランスの異常やビタミン、ミネラルの不足が原因のようです

記事の続きを読む
注目

肝臓が悪くなって肝硬変になると腹水がたまります

肝臓の病が進行して肝硬変になるとお腹に水が溜まり出します。B型肝炎から肝硬変に進行してしまったタカの義母も腹水が溜まりました。

記事の続きを読む
注目

肝臓が疲れる、悪いと手のひらが黄疸で黄色くなる

肝臓が丈夫な人の手のひらは綺麗なピンク色のはずです。よく分からなければ手のひらをギュツと握ってみましょう。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ