健康食品の勉強会で情報を入手しました

MENU

栄養補助食品の販売員さんからお礼の電話が入りました

栄養補助食品のメーカー社屋と工場見学を終えた翌朝、案の定、栄養補助食品の販売員さんからお礼の電話が入りました。当然、予想はしていたものの、彼の生真面目さには脱帽です。しかも電話の内容はメーカー見学のお礼のみ。営業のツボを良く押さえてみえました。

その後も勉強会やイベントのお誘いが・・・

その後も、販売員さんからは機会があるたびに様々なイベントに誘われました。毎週土曜日の午後1時から販売会社で行われる勉強会やら、販売会社が各地で行う健康関連の集会、メーカーが行う講演会や各種イベントなど多彩な催しがたくさんありました。その中で、私が一番活用したのは毎週土曜日に販売会社で行われる勉強会です。なんといっても土曜日の午後からなので時間の都合がつけやすいことと、隣の県からほぼ毎週、勉強会に来ている同年代の熱心な男性、Aさんと意気投合したからです。特別なことがなければ勉強会は午後3時半頃には終わりますので、勉強会が終わった後は、Aさんと待ち合わせて喫茶店などで話し込むことが多くなりました。

Aさんのお父さんも難病にかかっていました

Aさんと個人的な話をすることによって、いろんなことが分かってきました。Aさんのお父上は腎臓が悪くて腹膜透析をすでに何年も行ってみえること。普通は腹膜透析は5~7年経過すると腹膜が透析膜としての機能が著しく低下してしまうこと。ところが、このメーカーの健康食品(彼は健康食品という言葉を使っていました)を使うとお父上の症状が極めて良く、こにようなことは常識では考えられないこと・・・などなど。もちろん、こちらからはタカを含めた家族の状況などを話してお互いにいろんな情報の交換を行いました。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク




同じカテゴリー「Dr.サプリメント タカのサプリメント考」の一覧

ひらめき

オルニチンはサプリで摂るか?毎日の食事で摂るか?

タカ個人の考え方では、オルニチンは毎日の食事で摂るのも良い方法だと思いますが、サプリメントで摂った方が合理的だと思います。 (後に述べますが個人差がありますので、一概には断定できません。)理由は、オルニチンは自身の体内で生産することが可能な必須アミノ酸ではないからです。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンサプリを摂るのは新しい、良い生活習慣の始まり

昨日の記事「現代は肝臓の負担増で、肝臓には受難の時代」で書いたように、現代は肝臓にとっては受難の時代であると言えます。肝臓の負担増は、ただ単に食品添加物や農薬、薬の常用だけでなく、欧米化された脂っこくて味の濃い食事、飲んだり食べたりする絶対量の増加、運動不足なども拍車をかけています。

記事の続きを読む
注目

現代は肝臓の負担増で、肝臓には受難の時代

シジミに多く含まれるオルニチンは毎日の生活で酷使されている肝臓を癒し、元気にしてくれる素晴らしい成分だということが判明しています。一方、現代は昔と違って肝臓にとっては受難の時代だと言われています。 現代は一昔前とは違って、加工食品や半加工食品が市場に氾濫して私たちの食生活を便利で豊かにしてくれています。しかし、これらの食品は加工、保管、流通の段階での変質を防ぐために非常に多くの食品添加物を含み、肝臓の分解、解毒作用は以前にもまして過酷な状態です。

記事の続きを読む
注目

オルニチンサプリメントは飲んでも効果なしって本当?パワーバランス編

昨日は「オルニチンサプリメントは飲んでも効果なしって本当?」の記事で、肝臓を癒す為の一つの手段としてオルニチンサプリメントを活用する・・・というような表現をしたつもりなのですが、オルニチンサプリメントに限らずサプリメントを使用しても効果がなし・・・と言う人で「パワーバランス」が崩れている方の場合も有ったのでこのページで追記したいと思います。

記事の続きを読む
注目

オルニチンサプリメントは飲んでも効果なしって本当?

オルニチンサプリメントを飲んでも、効果が分からないと感じている人から問い合わせがありました。 ご質問をいただいた方の具体的な悩み(オルニチンを飲んでみようと思った理由)が具体的に書いてなかったので的確な回答ができたかどうかは判りませんが、このページであなたともシェアしてみたいと思います。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ