病院で処方される薬を減らせない方

MENU

病院でもらう薬を減らすことができない方

タカが病院でもらう薬を減らすことができない方

私ことタカが、病院で処方されている薬を減らせない方がおみえになります。たとえば、生命に関わる末期ガンなどを患ってみえて、お客様もご家族の方々も病院や薬に全幅の信頼を置かれている場合には、タカは薬を減らす提案は致しません。そのような場合には、抗がん剤などの薬の副作用を極力抑えながら、なおかつ、十二分に体力の向上を図ることができるようにサプリメントのメニューを組み立ててお薦めするのです。そのためにサプリメントを飲んでいただく量も多くなり、余分な出費がかかりますが、患者さんやご家族に不安を与えずに安心して十分な治療に専念していただくためです。

 

末期ガンの方でも合理的な考え方をお持ちの方の中には

末期ガンの方でも抗癌剤治療を辞退されることがあります。いや、厳密にいえば末期ガンだからこそ抗癌剤の治療を辞退されるのかもしれません。タカのお客様にも非常に合理的な考えをお持ちの方もおみえになりました。お医者様とか薬剤師さんや、そのご家族がガンに罹患された場合です。救急隊の隊員のご家族の場合もも抗癌剤治療を辞退されました。

スポンサーリンク


そういった、抗がん剤の作用や限界を良くご存知の方は、辛く、苦しく、患者さんの気力や体力を削ぐ抗がん剤治療を辞退される人がおみえになります。そんな場合は、抗がん剤の副作用を抑えるために消耗してしまうサプリメントを省くことができますので、非常に合理的なサプリメントのメニューを組み立てることができます。

強い薬ほどいろんな意味で厄介なことは言うまでもないことです。

by Dr.サプリメント タカ

スポンサーリンク

同じカテゴリー「Dr.サプリメント タカのサプリメント考」の一覧

はてな

ワインに含まれるポリフェノール・レスベラトロールについて

ワインに含まれるポリフェノール・レスベラトロールに心血管系の病気やガンを予防して長寿を期待するのはかなり困難かと思われる疫学調査の結果です

記事の続きを読む
ひらめき

オルニチンはサプリで摂るか?毎日の食事で摂るか?

タカ個人の考え方では、オルニチンは毎日の食事で摂るのも良い方法だと思いますが、サプリメントで摂った方が合理的だと思います。 (後に述べますが個人差がありますので、一概には断定できません。)理由は、オルニチンは自身の体内で生産することが可能な必須アミノ酸ではないからです。

記事の続きを読む
はなまる

オルニチンサプリを摂るのは新しい、良い生活習慣の始まり

昨日の記事「現代は肝臓の負担増で、肝臓には受難の時代」で書いたように、現代は肝臓にとっては受難の時代であると言えます。肝臓の負担増は、ただ単に食品添加物や農薬、薬の常用だけでなく、欧米化された脂っこくて味の濃い食事、飲んだり食べたりする絶対量の増加、運動不足なども拍車をかけています。

記事の続きを読む
注目

現代は肝臓の負担増で、肝臓には受難の時代

シジミに多く含まれるオルニチンは毎日の生活で酷使されている肝臓を癒し、元気にしてくれる素晴らしい成分だということが判明しています。一方、現代は昔と違って肝臓にとっては受難の時代だと言われています。 現代は一昔前とは違って、加工食品や半加工食品が市場に氾濫して私たちの食生活を便利で豊かにしてくれています。しかし、これらの食品は加工、保管、流通の段階での変質を防ぐために非常に多くの食品添加物を含み、肝臓の分解、解毒作用は以前にもまして過酷な状態です。

記事の続きを読む
注目

オルニチンサプリメントは飲んでも効果なしって本当?パワーバランス編

昨日は「オルニチンサプリメントは飲んでも効果なしって本当?」の記事で、肝臓を癒す為の一つの手段としてオルニチンサプリメントを活用する・・・というような表現をしたつもりなのですが、オルニチンサプリメントに限らずサプリメントを使用しても効果がなし・・・と言う人で「パワーバランス」が崩れている方の場合も有ったのでこのページで追記したいと思います。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ