気持ち悪く、つらい二日酔いのスピード解消法

MENU

気持ち悪く、つらい二日酔いのスピード解消法

あなたは二日酔いをしたことがありますか?

二日酔いになってしまったら、一刻も早く、最悪の状態から抜け出したいのですが、そのための方法をまとめてみました。

あなたは二日酔いで辛い目にあったことはありますか?ずいぶん以前の事ですが、タカも疲れていたり体調がすぐれなかった時に深酒をして二日酔いになった経験が何度かあります。頭は痛いし、吐き気はするし、気持ちの悪いこと、この上ないですね。二日酔いになった時は、もう絶対に深酒をしない・・・と思うのですが、お酒を飲んで調子に乗るとつい深酒に・・・。さて、

家庭で簡単に吸収の早いイオン水をつくる

二日酔いの特効薬は・・・無いそうです。 これは、以前に病院へ行った時に聞いた話です。ただ、比較的即効性がある対処法としては点滴でソリタT3(補液製剤)などを使うことです。要は体内の水分を増やしてやるのです。でも、病院へ行くのも大変な時にはポ○リスエットなど、スポーツ飲料を大量に飲みましょう。 もともと、ポ○リスエットは大塚製薬の点滴薬から飲料用に開発された商品で、ソリタT3と同じくナトリウムやカリウム、マグネシウムなどの電解質が含まれていますから、普通の水を飲むよりもスピーディに体内に吸収されます。スポーツ飲料が手元に無くて買いに行くのもしんどい場合は、水に食塩を加えて約0.9パーセントの塩分濃度のイオン水を作って代用します。0.9パーセントの塩分濃度とは、血液とほぼ同じの塩分濃度です。少し薄めのお吸い物の味と同じです。 この塩水は浸透圧の関係で真水よりも素早く吸収されます。


二日酔いの解消法

上記のイオン水を3リットルを目安に飲んでトイレに通ってください。 肝臓がアルコールを分解するには、大量の水分を必要とするので、その働きを助けることができます。イオン水以外の飲み物では緑茶も有効です。緑茶に含まれるビタミン類が二日酔いの不快感を緩和するようです。

朝ごはんや昼食を食べれることができる状態なら、ぜひ、食べてください。お粥やうどんのように消化の良いものがベストです。大根おろしや梅干しも胃腸や肝臓の働きを助けてくれますよ。

あと、しじみの味噌汁などが、あれば最高ですね。いま話題のオルニチン成分水分が一挙に摂れます。余談ですが、高級料亭で出される美味しいお吸い物や味噌汁の塩分濃度は血液の塩分濃度とほぼ同じ0.9%ってご存知でしたか?

ちなみに、Dr.サプリメント タカは、近ごろは体調が良く、多少飲みすぎても二日酔いをしなくなりました。
もう、二日酔いはこりごり・・・という方は、こちらをご覧下さい。

↓Dr.サプリメント タカによる自然食研のしじみ習慣レビューページ

 

by Dr.サプリメント タカ

同じカテゴリー「二日酔いなど、お酒の悩み」の一覧

注目

男性のアルコール依存症

男性のアルコール依存症について書いてみます。厚生労働省が2002年度から3年間にわたって行った調査によると、成人男性の約2パーセントにアルコール依存症があることが判明しました。世代別では70歳代が一番多く、約3パーセントの人がアルコール依存症にかかっているそうです。

記事の続きを読む
注目

女性は飲酒でアルコール依存症になりやすい

日本国内のアルコールの消費量は、この10年間でおよそ8%減り、減少傾向が続いています。一方、アルコール依存症の患者は増えています。厚生労働省の研究班が2013年に全国の4,000人余りを対象に飲酒の習慣などを調査した推計では、患者の数は109万人となって、この10年間で29万人も増加しました。なかでも目を引くのは女性のアルコール依存症患者の増加です。10年前の8万人から14万人へと、2倍近くも急増したのです。アルコール依存症は、飲酒のコントロールができなくなって禁断症状があらわれ、重症になると意識障害やうつ状態などを引き起こして、自殺や飲酒運転での事故、家庭内暴力などの原因の1つとも指摘されています。

記事の続きを読む
注目

お酒を飲んで脳貧血を起こした友人の話

今日は先週末の飲み会で起きたお酒を飲んで貧血になってしまった友人、S君のてんまつをシェアしたいと思います。アルコールを飲むと血管が拡張して血圧が低下します。すると脳へ十分な血液と酸素が供給されずに、脳貧血の症状が出るのです。

記事の続きを読む
ひらめき

お酒を飲んだ翌朝の二日酔い防止法

比較的お酒に強い人に起こるのが、お酒を飲んだ翌朝に目を覚ますと起きる二日酔いです。悪酔いは飲酒後2~6時間後に起きる症状、二日酔いは飲みすぎた翌朝に起きる症状と言われています。二日酔いのひどい人は寝起きから夕方までいろんな症状が続く場合があるそうです。二日酔いはアルコールを分解したときに発生するアセトアルデヒドという有害物質によって引き起こされます。

記事の続きを読む
ひらめき

飲酒をすると生じるめまいの予防法

お酒を飲んでいるときや飲んだ後にめまいや貧血のような症状を覚える人がいます。特に比較的お酒に弱い人や普段の血圧が低めの人に多く現れる症状です。その原因の一つは脳貧血かもしれません。アルコールを飲むと全身の血管が拡張します。飲酒をしてアルコールが血管を拡張し、低血圧の状態になると、脳への血流が減少して酸素が不足し、さまざまな症状が表れます。特にお酒に弱い人が、たくさんお酒を飲んだわけでもないのに、急にめまいを起こしたり、冷や汗が出てその場にしゃがみこんだりしたら、脳貧血が考えられます。要は脳が酸欠になり失神状態になることです。その他には急性アルコール中毒も考えられます。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ