しじみ成分、オルニチンの効果と働きをサプリメントを実際に使用してランキング、レビューしていきます。

MENU

2016年02月

「肝臓に良い食べ物」のはずが、弱った肝臓には毒だった

注目

全身の健康状態が良い人は特に肝臓のことを気にかけずとも、食事はバランスよく、適正な時刻に、よく噛んで、腹八分目を心がけ、適度な運動と十分な睡眠をとれば、肝臓もしっかりケアすることができます。ところが、肝臓に疾患がある人は、一昔前に良いとされていたシジミやほうれん草、レバーなどの食品はいずれも控えた方が良いと言われています。現在、肝臓病には、これらの食品に含まれる鉄分の制限が重要とされています。

記事の続きを読む

肝臓洗浄(レバーフラッシュ/肝臓デトックス)なんて、やらないでっ!

注目

巷では肝臓洗浄なるものが流行っているらしい。レバーフラッシュとか肝臓デトックスなんて言い方もするらしいです。日本では2006年ごろから流行り始めたのかな?近頃、また「炎上」している記事もあるらしい???肝臓洗浄は2005年のLancetで明確に否定されています。また、つい昨日(2月24日)にも日本の医師、NATROMさんが「肝臓洗浄(レバーフラッシュ/肝臓デトックス)は本当か?」というタイトルで記事を書き、「肝臓洗浄はインチキです。 」と明言してみえます。

記事の続きを読む

肝臓に良い食べ物

はてな

肝臓の数値が気になりだすと、まず考えるのが「肝臓に良い食べ物」ではないでしょうか?肝臓の働きを助けて肝機能を向上させる肝臓に良い食べ物を一緒に調べてみましょう。でもその前に、昔から「腹八分目に医者いらず」と言われているように、食べ過ぎに注意しましょう!特に高タンパク食品は体内でアンモニアを発生して肝臓の負担を増やしますし、高エネルギー食品は中性脂肪が肝臓に付着する脂肪肝の原因になってしまいます。肝臓に良い食べ物の基本は、下記に挙げる食品を参考にしていただいて、一日三食、よく噛んで、多品種を少量ずつ、バランス良く食べることが重要です。

記事の続きを読む

肝臓に悪い食べ物

注目

肝臓の数値が気になりだすと、最初に頭に浮かぶのが肝臓に良い食べ物と肝臓に悪い食べ物ではないでしょうか?このページでは肝臓に悪い食べ物とその理由を記載したいと思います。一番はお酒を控えることです。アルコールは解毒の際に肝臓に大きな負担をかけるだけでなく、習慣性もあるために注意が必要です。次に甘い菓子や揚げ物、脂っこい食事は高カロリー、高脂質の元になり、脂肪肝になりやすくなります。

記事の続きを読む

オルニチンサプリで熟睡感のある快眠を得よう

はなまる

シジミに含まれる今、話題の成分、オルニチンには睡眠の質を高め、熟睡感のある眠りをもたらす快眠効果があります。 あなたも「アーッ、よく眠れた!」と本当に気持ちよく目覚める体験ができるかもしれません。日本人の約20パーセントが不眠で悩んでいるとされています。不眠症は、20~30歳代から始まって加齢とともに増加し、高齢者になると急激に増加します。そして、不眠症は女性に特に多いといわれています。

記事の続きを読む

まだら脂肪肝ってなに?

はてな

あなたも「脂肪肝」という言葉は、よく聞く機会があるし、ご存知だと思います。ところが、「まだら脂肪肝」って言われると・・・???ですね。簡単にいえば、まだら脂肪肝は脂肪の沈着状態が均一でない脂肪肝のことです。もう少し詳しくいえば、まだら脂肪肝は脂肪の沈着状態が肝臓の部位によって異なっているもので、不規則あるいは不均一脂肪肝ともいわれ、画像診断では肝臓腫瘍との識別がむつかしい場合があります。

記事の続きを読む

肝臓に違和感や痛みを感じたら

注目

肝臓は脂肪肝や肝炎のレベルでは、 なかなか自覚症状が出ないものです。それゆえに、少しでも肝臓(右季肋部・きろくぶと読み、あばら骨の近く)のあたりに違和感を感じたら速やかに内科医の診断を受けるようにしましょう。 肝臓は「自覚症状が出た時には既に手遅れ・・・」と言われてしまいやすい臓器なのです。

記事の続きを読む
前のページ  次のページ
Dr.サプリメント タカのプロフィール

ようこそ!「オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう」のサイトへ。このサイトはサプリメントのプロ、Dr.サプリメント タカが運営しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2017 オルニチンで肝臓を癒して二日酔いや朝の目覚め、寝起きを改善しよう

    ページトップ